スポンサーリンク


マスク


エアロゾル感染という言葉が話題になっています!


空気感染や飛沫感染とはどのように違うのでしょうか?対策法は変わる?


新型コロナウイルスの感染経路として発表された「エアロゾル感染」とは何か?空気感染や飛沫感染との違いや対策法について調査してみました!

スポンサーリンク

エアロゾル感染とは?

「新型コロナウイルスがエアロゾル感染する」とメディアで報じられ話題になっています。


新型コロナウイルスの感染経路は、咳やくしゃみなどで出る飛沫や直接接触により感染すると言われてきましたが、こちらの発表によると「空気中に浮遊する微粒子の形態でも感染する」と言われています。


同じ空間内にいる感染者の飛沫が浮遊する空気を吸い込むことで感染するのが「エアロゾル感染」なんだそうですが、空気感染とは何が違うのかよく分かりませんよね。


空気感染だとすると飛沫感染や接触感染より範囲が広がり不安ですが・・・。


ただ、この件について中国国家衛生健康委員会は

「新型コロナウイルスがエアロゾルを介して伝染するという証拠はない」

引用元:日経ビジネス


と発表していたり、中国国内でも情報が錯そうしているようです。

エアロゾル感染と空気感染・飛沫感染の違いは?

よく聞く「飛沫感染」や「空気感染」と「エアロゾル感染」は何が違うのか調べてみました。

飛沫感染とは?

咳,女性


咳やくしゃみをしたときに、口から飛び散った細かい水滴を「飛沫」と呼ぶそうですが、飛沫感染はこの飛び散った飛沫の中に細菌やウイルスが含まれていて、それを吸い込むことで体内に入って感染することを指します。


咳やくしゃみで水滴が飛び散る範囲はそこまで広くなく、飛距離は1メートル程度と言われています。


もし感染している人がいても距離が近くなければ、感染の可能性は低いということですね。


ちなみに「飛沫」は直径5μm以上の大きい粒子を指すとのこと。

空気感染とは?

ウイルス


咳やくしゃみで飛び散った「飛沫」の水分が蒸発して小さな粒子「飛沫核」になり、それが空気中に長時間滞在し、空気を吸い込むことで感染するのが「空気感染」と言われます。


咳やくしゃみで出る「飛沫」は空気中ですぐ落下してしまいますが、水分が蒸発した「飛沫核」は軽いので長時間空気中を浮遊できるそう。


空気の流動によって飛沫感染より範囲が広くなりますね。


「飛沫核」は直径4μm以下の小さい粒子を指すそうです。

エアロゾルとは?

大気汚染


エアロゾルという言葉について調べてみると・・・

気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子をエアロゾル(aerosol)といいます。エアロゾルは,その生成過程の違いから粉じん(dust)とかフューム(fume),ミスト(mist),ばいじん (smokedust) などと呼ばれ,また気象学的には,視程や色の違いなどから,霧(fog),もや(mist),煙霧 (haze),スモッグ(smog)などと呼ばれることもあります。

引用元:日本エアロゾル学会

 


エアロゾル粒子の発生過程はさまざまで、その粒子径範囲も0.001~100 μmと広範囲です。

引用元:KANOMAX

 

飛沫や飛沫核と違って、粒子の大きさの幅が広いようですね。


分子やイオンなど0.001μmレベルのものから花粉など100μmのものまで含まれます。


エアロゾルは単純に粒子の大きさでは判断できないようです。



ちなみに問題となったPM2.5もエアロゾルの一部だそう

空気中に浮かんでいる小さな粒子のことをエアロゾルと呼びます,そのうち,粒径2.5μm(マイクロメートル,ミクロンとも呼ぶ。2.5μmは2.5mmの1000分の1)以下の粒子をPM2.5(一般的にはPM2.5と書くことも多い)と呼び,その大きさから人間の肺の奥にまで到達しやすいとされています。

引用元:日本エアロゾル学会

エアロゾル感染は空気感染と違うの?

中国当局は

飛沫が空気中で混ざり合い、微粒子を形成し、これを吸入すると感染する

引用元:fnnプライム

と発表しています。


これだけ見ると、飛沫感染より範囲が広くて、空気感染に違いイメージがありますが、厚生労働省結核感染症課の方によると

『エアロゾル感染』を空気感染の一種とする説もあれば、飛沫感染の一種だとする説もある。科学的に解明されていない部分も多く、かなり曖昧な用語だ

引用元:日経ビジネス


と空気感染、飛沫感染のどちらとも定義できないようです。


ただ、先ほどの「エアロゾル」の定義だと、粉じん、ミスト、スモッグなどあらゆる種類、大きさの浮遊物を指すので、発表にあった「微粒子」が具体的にどういうものか情報が欲しいところですが、曖昧な感じになってしまっていますね。


スポンサーリンク

中国当局のエアロゾル感染は飛沫感染の意味?

 

中国当局が発表した『エアロゾル感染』は、医学的に言えば飛沫感染を指すと考えられる。中国メディアが当局の談話として掲載した『飛沫が空気中で混ざり合い、これを吸入して感染するもの』という表現は、そのまま飛沫感染のことを指している。専門家の間で使われるエアロゾル感染とは異なる内容だ

引用元:日経ビジネス


どうやら中国当局の発表にあった「エアロゾル感染」は「飛沫感染」という意図で使っている可能性が大きいようです。


エアロゾル感染自体、明確に定義できない用語のようですし、使う人によって意味が変わってくるというのはパニックの元なのでやめてほしいのですが・・・。

エアロゾル感染でコロナウイルス対策は変わる?マスクの意味は?

マスク,女性

日本国内で分かっているデータを分析しても、空気感染したと証明できるに足る証拠は見つかっていない。あわてず、せきエチケットや手洗いなど、これまでも周知してきた飛沫感染、接触感染を防ぐ対策をこれからもお願いしたい

引用元:日経ビジネス

 

基本的には今している対策と変わりないそうです。


・マスク
・手洗い・うがい
・消毒
・換気
・なるべく人込みは避ける

と基本的な対策を引き続き心掛けましょう!


一部ではマスクの意味がないという情報も出回っていますが、少なくとも飛沫感染は防げますよね。


もし、エアロゾル感染が空気感染に近い意味合いで使われているならば、それがどのような大きさの粒子か分からないですが、しておくにこしたことはないと思います。


コロナウイルスだけでなく、インフルエンザも流行していますし、まずは自分でできる範囲の対策はしておきたいですね。


スポンサーリンク

エアロゾル感染とは空気感染や飛沫感染と違うの?対策法も調査【まとめ】

マスク


「エアロゾル感染」は科学的に解明されていない部分が多く「飛沫感染」「空気感染」と明確に線引きできるものではないようです。


新たな言葉にパニックになってしまいますが、落ち着いて今まで通りできる範囲の対策をしていくのベストですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。