花田優一は絵画展で評価が高いって本当?下手くそ絵画の値段に驚き!

メディアで度々話題の花田優一が今度は絵画展開催で話題に!評価が高いって本当なのでしょうか?ネットで下手くそと言われる絵画の驚きの値段とは?花田優一の絵画展が評価が高いのは本当なのか?下手くそと噂の絵画の驚きの値段、売上について徹底調査しました!

スポンサーリンク

花田優一が絵画展開催!靴も受注していた!

ワイドショーや週刊誌ですっかりお馴染みの花田優一さん。


元貴乃花親方と河野恵子さんの長男というネームバリューと、靴職人といいつつもタレントのようにテレビに出ていたりと、度々世間を騒がせてくれていますよね。


しかし靴職人、タレント業と全てが中途半端な印象から、最近では

「ミスター中途半端」

なんて呼ばれてしまう始末。


そんな「ミスター中途半端」の花田優一さんですが、さらに中途半端感に磨きをかけてしまうような出来事がありました。


それが「絵画展」の開催。

12月21日と22日に自身の個展を開いたことで、また世間の話題をさらいました。


場所は東京都中央区京橋3-9-2 宝国ビルの地下一階「Gallery Cellar」という場所で開かれました。

展示された絵画は、ご本人が10代の頃から描き溜めてきたもの。


さらにこの絵画展、衝撃的なことに、納期遅れであれほど話題になった靴の受注を数量限定とはいえ、新たに受け付けると記載があります。


そもそも今受注している分の見通しは立っているのでしょうか・・・。


靴ではなく絵の展示会開催、さらには新たな靴の受注とビックリ続きですが、この告知、よーく見ると少しおかしな所が・・・。


「花田優一が10代から書き溜めた絵の展示~」と記載がありますが、
「書き溜めた」の漢字を間違えています。


正しくは「描き」ですね。


これに対し「頭も悪い」とまで言われてしまうことに。

誰か最終チェックする人はいなかったんでしょうか・・・。


それにしても、ビックリ告知&誤字と、たった1枚の告知でこれだけ話題になれるというのは、ある意味才能が為せる技かもしれませんね。

花田優一の絵の値段とは?

靴を作るならデッサンは必要なので、絵を描くこと自体は不思議ではありませんが、気になるのは、その絵の価値ですよね。


ご本人は販売価格について、

絵画を始めた切っ掛けは靴に合う洋服のデザイン画を描き始めたのがこの始まりで、それがデザイン風なデッサンというか絵としての面白さが出てきたので、大体10万円以下で販売させていただいております


とコメント。


絵としての価値があると判断したから、販売することにしたんですね。


実際、価格については幅広く、1万円台のものがあれば、7万5000円という絵画もあります。

変に安売りするのも微妙とはいえ、7万5千円は中々強気なお値段ともいえそうですね。


さて、そんな気になる絵はどのようなものなのでしょうか?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

作品集 #表参道 #絵#靴職人 #デザイン#craftsman

花田優一 Yuichi Hanadaさん(@yuichihanada_shoe)がシェアした投稿 –



引用元:http://u0u0.net/jIwx


いかがですか?

7万という価値が妥当かどうかは悩ましいところですね。


しかし、絵画展の開催前から数点はすでに売約済みになっているそう。
分かる人には分かるということなんでしょうか。

花田優一の絵の評価はいかに?

絵の良し悪しは観る人に委ねられるもの、と言われると確かにその通りですが、実際に世間の反応はどうなのでしょうか?


まずは好意的な意見から見ていきましょう。


「靴はもちろんのこと絵もファッションもお洒落。さすがイタリア仕込み」
「靴より絵の方が才能あるのかも 」
「変わったタッチだなぁーと見ていましたが この自画もすごい味があってステキですね」


と味がある絵、センスがあると好意的に見ている方もいらっしゃいます。


今回の個展で販売された絵は、1万円代のものはデッサン画という印象で、7万5千円のものはフレームが1万5千円なので、絵自体は6万円となります。


絵の値段は一律に決められるものではないので、この絵ならお金を出してもいい!という方たちにとっては、6万でも10万でも、金額はさして問題ではないのかもしれませんね。


もしくは将来何かのきっかけで評価されれば、価値が上がるかも?という期待値込みで購入された方もいるかもしれません。

花田優一の絵は下手くそなの?

好意的な意見の割合に比べて、やはり圧倒的に多いのが否定的な意見です。


「何なの?この小学生のお絵かき」
「顔もしゃべりも中途半端だったけど、絵も中途半端」
「私、絵が苦手だったけど花田優一よりうまかった」
「デッサンの基本がなっていない」


など散々な言われっぷり。


確かにすごい上手い絵、とはいい難いですよね。


上手い = 価値がある という世界ではないのが難しいところですが。
実際、購入している人がいるということも事実ですからね。


さらに靴職人、芸能活動と中途半端な状態でさらに絵という追い打ちをかけたことから、


「落書き展やる暇あったら靴作れ」
「何やっている人なの?」


と、やっぱり絵以前に、本業の靴作りを何とかしろという意見が多くなっていますね。

スポンサーリンク

花田優一の絵 芸能人たちの評価は?

一般の方よりも、芸能人の方であれば本業と別にお店を出したり、本を出版したりとマルチな活躍をする機会が多いですよね。


そんな芸能人の方は、花田優一さんについてどんな意見を持っているんでしょうか?


・坂上忍さん


MCを務める「バイキング」で、ご自身も日々様々なバッシングを受けることがある坂上忍さん。

花田優一さんについては、靴の納期などお客さんに対する誠意は見せるべきとしながらも、これだけ騒ぎになっても隠れることもせず、堂々とメディアに出たり、ブログ公表したり、絵画展を開いたり、という姿勢については肝が据わっていると評価しています。


日常であれだけ批判を受けながらも活動を続ける姿は、ご自身とリンクするところも多いのかもしれませんね。


・野々村友紀子さん


「優一君に靴を注文している立場だったら、はよ家帰って靴作れよ!」

と言いたいとしながらも

「私自身、放送作家で執筆業もしているんですけど、締め切りを過ぎることもある。(その時は)こっそりと生きている。待っている人がいるってことが申し訳ないという気持ち。あれだけ堂々とテレビに出て、時間をいっぱい使ってやっていることはすごいなと思います」


と締切を過ぎつつも、なぜかいつも自信満々の姿には驚きもありつつ凄いとのことで坂上さんと同じく、強靭なメンタルを評価している部分はありますね。

さすがにあれほど堂々としていると、本当に納期遅れている状態なの?と思ってしまう部分があるから怖いですよね。


・木村太郎さん


周りに流されず、マイペースな主張が魅力のキャスターの木村さん。

そんな木村さんは、

好きだったら100万円で売れる

(価格について)それを他人がとやかく言うもんじゃない。

靴屋が絵描いちゃいけないのか? そんなことないんでね。23歳でしょ。
ある意味、マルチタレントを目指している。何か当たるまでいろんなことやっていい。ボクはそう思う


と、マルチタレントを目指していると仰っていますね。


まさに木村さんは「中途半端」ではなく「マルチな才能」とポジティブに受け止めていらっしゃるようですね。

まだ若いんだから、枠を狭めずにいろいろやって当たるものを見つければ良い、ということですね。


若いうちにいろいろやっておけ、という意見は多いですが、花田優一さんの場合は何といってもストイックなまでに一本道なお父様がいらっしゃるので人一倍、マルチな活動が中途半端な印象を与えてしまうのかもしれません。

花田優一の絵画展 売上は?

様々な意見が飛び交った絵画展ですが、結局のところ絵は売れたのでしょうか?


展示会後の12月24日に、花田優一さんがミヤネ屋に生出演をしました。

そこで答えた内容によると


絵は展示会で掲示していた18点中11点が売約済みとのこと。
さらに、10足限定で受注した靴もほぼ一杯になったそう。


ほぼ、ということは10足ではないかもしれませんが、10足に近い数値なのでしょう。


さらに、この後12月27日にご自身のインスタに投稿された内容によると、18点全ての絵画が完売したとのことです。


絵画展からわずか1週間で、絵も靴も全て売り切ったということですね。


その気になる売上額は、こちらの値段表を元に算出すると


75000円(絵60000円+フレーム15000円)が11点、18000円の絵が7点の計18点で、合計金額は951,000円


靴は一足およそ15~20万円くらいとのことなので、最安値15万円が10足としても150万円。


全部合わせると、250万!!


絵や靴の価値が妥当かは分かりませんが、世間に何だかんだと言われつつも、公の場に出て、短期間でちゃっかり稼いでいくというのは、なるほど確かに才能かもしれませんね。

 

一番気になるのは、10足の靴の納期が間に合うのかですが・・・。


絵のように出来上がってから販売する方が、性に合っているんじゃないかと思いますが、どうですかね。

花田優一 絵は独学だった!?

強気のお値段でも見事完売となった花田優一さんの絵。


そんな絵については、独学で学んだそうです。
イタリアで靴の勉強をしている時に、絵も描き始めたとのこと。


靴をイメージした際に、似合う洋服のデザインを描いていたんだそう。


何とな~く、次は「洋服ブランド ~Yuichi Hanada~」を立ち上げたりするんじゃないか・・・と思ったりしています。

花田優一は絵画展で評価が高いって本当?下手くそ絵画の値段に驚き!まとめ


引用元:http://u0u0.net/M5vX


いかがでしたか?


世間の批判があれだけありつつも、自分の道を突き進む花田優一さん。

その強靭なハートは確かに凄いと思わざるをえません。


マルチな活動そのものは良いと思いますが、靴職人として納期を守った上で活動の幅を広げた方がいいかもしれませんね。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

関連記事と広告
関連記事と広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする