ガクト(GACKT)の収入源を調査!実家やアムウェイは胡散臭い?

ガクト(GACKT)さんといえば豪邸セレブ生活が話題ですが、その収入源は何なんでしょうか?実家やアムウェイとの関連、収入源が胡散臭いと言われる理由は?ガクト(GACKT)さんの収入源や年収、実家やアムウェイとの関連や胡散臭いと言われる理由を調査しました!

スポンサーリンク

ガクト(GACKT)のマレーシアセレブ生活がスゴイ

実は、GACKTさんは2012年頃からマレーシアに移住していて、一年の半分以上はマレーシアで過ごしているそう。

旅でマレーシアを訪れた際に一目惚れしてしまったんだそうです。


そんな一目惚れのマレーシアの首都、クアラルンプールに1700㎡もの豪邸を持っています。

途方もない広さですよね・・・何とテニスコート約7面分もの広さだそう!

 


引用元:http://u0u1.net/Uxxz


そして海外の豪邸にお馴染みのプールはもちろん、お手伝いさんもいます。

お手伝いさんがいないと 広すぎて掃除とか手が回らないですもんね。


さらには「射撃場」「ポーカー専用ルーム」「トランポリンルーム」なんて驚きの場所も完備しているそう。


「トランポリンルーム」は寂しい時にぴょんぴょんしているとか。笑


気になるのは、豪邸のお値段ですが約5億円と言われています。


もっと何十億レベルを想像したので、意外に安いなと思ってしまいました。

話のスケールがすごすぎて、だいぶ金銭感覚が麻痺してるせいですかね。


日本で同じ規模の豪邸を建てようと思ったら、それこそ何十億レベルですからね。


そして家もスゴイですが、愛車もスゴイんです。

4000万越えのランボルギーニだそうです。

引用元:http://u0u1.net/ZYSz


ただヨーロッパからの直輸入やカスタムで総額は1億以上かかっていると言われています。


輸送代とカスタムで本体価格上回っちゃってるんですね。

ガクト(GACKT)の収入源 実家との関係は?

セレブ生活がスゴイGACKTさんですが、元々実家がお金持ちという可能性はあるのでしょうか?


調べたところ、GACKTさんの父親は、トランペット演奏者だそうです。
音楽家かと思いきや、何と自衛隊の音楽隊なんだそう。


自衛隊なのでもちろん最初は自衛官の採用試験に合格しなければなりませんし、競争倍率も高く、音大や専門学校で勉強してきた人や、フリーランスで音楽活動をしていた人など実績者も多く受験するそうですよ。


意外な職業にビックリしましたが、自衛隊は国家公務員なので、セレブでお金持ちとはちょっと違うかもしれませんね。


一方、GACKTさんの母親については、詳細な情報は出ていませんでしたが、幼い頃から両親によりピアノや音楽の英才教育を受けていた、家では常にクラシックが流れていたとご自身が語っているので、お母さんも音楽関係の仕事をされていたのかもしれません。


音楽の英才教育をしていたことから、通常よりもお金に余裕があることは伺えますが、特別セレブというほどではなさそうですよね。

ガクト(GACKT)の収入源 音楽やテレビ・ニコニコ

GACKTさんといえばもちろんアーティストなので、音楽活動での収入があります。
さらにバラエティ番組などテレビ出演も積極的にされているイメージですよね。


GACKTさんの音楽活動やテレビ出演についてもう少し詳しく見ていきましょう。

ライブ・グッズ販売や著作権

GACKTさんは作詞作曲はもちろん、ライブ演出もほぼ全てご自身でされています。


2011年には、男性ソロアーティストでシングルTOP10の獲得作品数で歴代1位に輝くなど、アーティストとしての人気っぷりは疑いようがありません。


今の時代CDは売れなくなってしまいましたが、ダウンロード販売やライブ収入などでもかなりの収入があると思います。

ライブではグッズ販売もあるので、物販収入も大きな収入源になりますよね。

タレント・俳優活動

GACKTさんといえば、格付け番組が有名ですが、他にも色んなバラエティ番組で人気者ですよね。


アーティストの方の場合、イメージを守るためバラエティを控える方も多いと思いますが、 GACKTさんの場合はミステリアスなイメージを壊さないまま、バラエティで活躍できているので本当にすごいなと思います。


イメージを壊さないどころか、一流のものを見抜き続ける姿で、自分の格をどんどん上げちゃってますからね。


さらに、2007年には大河ドラマ「風林火山」に出演し注目を集めましたし、最近では「翔んで埼玉」でぶっ飛んだキャラを演じるなど俳優としての実績もあります。


GACKTさんだからこそ似合うという役柄を見事に演じきってますよね!


さらに芸能人にとって一番効率的な収入源であるCM出演も含めると、テレビ関係でも相当稼いでいるはずです。

ニコニコ動画の有料チャンネル

GACKTさんは、ニコニコ動画で有料チャンネル「OH!!MY!!GACKT!!」を持っていいます。


これは、月額料金を払うとブログとメルマガをミックスしたブロマガというものを見れるサービスなんです。

月額は864円ですが、GACKTさんのチャンネルは上位ランキングの常連。


チャンネル収入だけで月収2000万以上ではないか?とも言われています。
有料チャンネルだけで年収は億単位ということに・・・。


このサービス、他にもホリエモンなど情報発信を得意とする人たちはかなり稼いでいるようです。


いくら人気があっても事務的な情報ばかり発信していたら面白くないですよね。
GACKTさんは頭も良くて面白いことも言える方だからこそ、こういったサービスも提供できるんですね。

ガクト(GACKT)の収入源 アムウェイって?

GACKT さんの収入源として「アムウェイ」という言葉がよく出てきます。


「アムウェイ」って何?と気になると思いますが、アムウェイはアメリカの企業名で、日本には「日本アムウェイ」という名前で参入しています。


GACKTさんとアムウェイの関連が噂されたきっかけは、雑誌でGACKTさんの部屋の写真が公開されたときに、アムウェイのシャンプーなどアムウェイ製品が写っていたことでした。


また、GACKTさんが紹介したサプリメントが、アムウェイのものだったようで一時期広告塔をしていたこともあったそう。


芸能人がサプリメントを紹介する手法はよくありますよね。


アムウェイはネット販売を主としているので、GACKTさんが愛用していると紹介するだけでもかなりの売上だったのではないでしょうか。

売れれば売れるほどGACKTさんへのリターンも大きくなりますよね。

スポンサーリンク

ガクト(GACKT)の収入源 投資事業

GACKTさんは移住先のマレーシアで会社も立ち上げています。


池田論さんという、現地で出会った方と一緒に「GACKT & IKEDA ASIA BRIDGE PARTNERz INC」という会社を起こしています。


こちらの会社は投資事業を主な事業として、他にも不動産事業や東南アジアでの事業支援など幅広い事業を手掛けているそう。


日本企業が東南アジアに進出してくることを見据えて準備していたそうですが、見事に大成功したようです。


先見の明で大当たりしたということですね。

ガクト(GACKT)の収入源 仮想通貨

GACKT さんは 通称“GACKTコイン”とも呼ばれる仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」の広告塔を勤めていた時期がありました。


実際100億円以上ものお金を集めたと言われていて、2018年5月には世界5カ所の仮想通貨取引所に上場しましたが、直後に暴落。


その結果、多額の損失を抱えてしまった投資家も出ているなんて話しもあります。


このSPINDLE(スピンドル)の運営会社はブラックスターというところですが、仮想通貨業者の登録や営業を巡って様々な疑惑が報じられるなど、ちょっと怪しげな雰囲気も漂っていますね。


広告塔として大きな収入があったかもしれませんが、事業との関連性によっては今後調査が及ぶ可能性もあるかもしれません。

ガクト(GACKT)の収入源が胡散臭いと言われる理由は?

GACKTさん自身謎が多い方ですが、その収入源についてはちょっと胡散臭く感じるという意見も出ています。


音楽や俳優活動は問題ないとして、やはり仮想通貨やアムウェイなど、海外では一般的だとしても、日本には馴染みのない事業には抵抗感を感じてしまいますよね。


仮想通貨に関しては、実際にSPINDLE(スピンドル)で多額の損失を被っている方もいて、様々な報道も出ていることから胡散臭いイメージがしやすいんだと思います。


またアムウェイについても、日本では馴染みのない連鎖販売取引という販売法を取っていて、これがいわゆるマルチ商法やねずみ講に似ている部分があるので、良くないイメージになりがちです。


ただ、連鎖販売取引自体は海外では一般的なビジネスモデルだそう。

日本だとどうしてもマルチなど悪いイメージが先行してしまいますよね。

 

先進的なものや、海外のビジネスモデルは日本人から見ると怪しいイメージがしやすいので、そういった事業を手がけていることが胡散臭いという意見が出る要因かもしれませんね。

ガクト(GACKT)の年収はどのくらい?

GACKTさんは、主軸の音楽活動以外にも幅広い収入源を持っていることが分かりましたね。


年収は約2億円以上ではないかと言われていますが、広告等など一時的なものでまとまった金額が入ってくる機会も多いと思います。


GACKTさんは、アーティストとしての才能はもちろん、そのストイックさで知識を高めること、語学を学ぶこと、体型を維持し続けることなど、徹底的な自分磨きで自らをブランド化しています。


だからこそ移住しても人気が衰えず、あらゆる業界からオファーもかかり続けるんですね。

ガクト(GACKT)のプロフィールをチェック

GACKTさんのプロフィールについてまとめておきます!


引用元:http://u0u1.net/qKWS

  • 名前(本名):大城 ガクト
  • 生年月日:1973年7月4日 45歳 ※2019年3月時点
  • 血液型:A型
  • 身長:180cm
  • 出身地:沖縄県


GACKTさんの本名については様々な憶測がありましたが、仮想通貨事業への参画表明の際に「大城ガクト」が本名であることが公表されました。

出生時の名前は「岡部学」だそうですが、改名をされています。


3歳からピアノを習うなど、両親から英才教育を受けていましたが、7歳の頃から、やらされている感が強くなり嫌になってしまったそうで11歳でピアノは辞めたんだそう。


高校に入ってからはドラムをしていたそうで、「ボーカル」になったのは卒業して友人とバンドを組んでからだったようですね。


そして、知人をきっかけにあの伝説のバンド「MALICE MIZER」のメンバーと知り合うことになりました。

究極のヴィジュアル系と言われる「MALICE MIZER」で1995年から2代目ボーカルを務めています。


1999年に脱退してからは、ソロで活動をしています。

ガクト(GACKT)の収入源を調査!実家やアムウェイは胡散臭い?まとめ

GACKTさんといえば、豪邸がテレビでも取材されるなどセレブ感がすごいですが、本当にあらゆる収入源を持っているからこそなんですね。


中にはちょっと胡散臭いイメージがするものもありますが、先読みして海外のビジネスにも積極的に参画しているといったところでしょうか。

これからも、ミステリアスなイメージそのままにグローバルに活躍していってほしいですね。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事と広告
関連記事と広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする