八村塁の英語力に驚愕!勉強法やインタビュー動画に称賛の声!

スポンサーリンク

  引用元:https://www.nations.fun/articles/5129

八村塁選手の英語力に世界中から驚きと絶賛の声が挙がっています!その勉強法は超スパルタ学習だった?流暢な英語で話すインタビュー動画にも注目です!八村塁選手の英語力上達のための勉強法や英語を学ぶきっかけ、世界から称賛されたインタビュー動画まで徹底調査しました!

スポンサーリンク

八村塁の英語力は?高校まで話せなかった?

NBAで日本人初の一巡目指名を受けた八村塁選手。

八村選手といえば、ドラフト後のインタビューも英語で話していましたね。


流暢に英語を話す姿がとてもカッコよかったですが、実は八村選手、高校2年生まで英語はほとんど話せなかったそうです。

日本で生まれ育ったので、英語が話せないのも不思議ではありません。


八村選手は日本人の母親とアフリカのベナン出身の父親とのハーフなので、もしかしたら小さい頃から英語はペラペラだったのでは?

と思ってしまいますが、そうではないんですね。

ご両親は英語を教えることはあまりしなかったそう。


しかし、ドラフト後のインタビューを聞くとまるで小さい頃から英語を話していたのかと思うほどネイティブ並みの英語力で、よくある日本人ぽい英語感は全く感じませんでした。

実際、高校生の頃まで英語はほとんど話せなかったとなると、今の英語力に至るまでに相当な努力を積み上げて来たということですよね。

そんな、八村選手の英語力について、詳しくみていきたいと思います!

八村塁が英語をはじめたきっかけは?

高校まで英語をほとんど話せなかった八村選手。

さすがに話すことはできなくても、英語の成績自体は良かったのでは?と思いましたが、高校時代もバスケ中心の生活で勉強はあまりしていなかったようです(笑)

では、英語を始めたきっかけは何だったのでしょうか?

それはやはり大好きなバスケットボールでした。

バスケ選手として夢を掴むためには、英語は絶対条件


八村選手は、高校卒業後はプロのバスケ選手を目指すべく、アメリカのゴンザガ大学への進学を目指していました。

アメリカで生活するとなると、英語は絶対必要不可欠ですよね。


現地にいるうちに自然と身に付く部分もありますが、ゴンザガ大学はバスケの名門。

いくらバスケの技術が高くても、それだけで入学できるわけではありません。

入学するためには、英語も含め厳しい入学基準をクリアしなければいけなかったのです。

もし、ゴンザガ大学に入学できないとなると、予備校に通うことになるので、そうなればバスケにも影響が出てしまいます。


何が何でもゴンザガ大学に入る!

そして将来はアメリカでバスケ選手として活躍する!


確固たる目標のために、八村選手の必死の英語勉強が始まったのです。

では、気になる勉強法とは一体どんなものだったのでしょうか?

スポンサーリンク

八村塁の英語勉強法がスゴイ!

高校時代から英語を勉強して、大学卒業までにこれほど流暢な英語を話せるようになるってスゴイことですよね。

短期間で成長した勉強法を調査してみました。


まず英語は詰め込みで何とかなるものではありません。

継続あるのみ、ということで1日8時間も勉強をしていたそうです。

8時間ですよ!

しかも高校時代といっても、スタートは高校3年の春からです。

アメリカ人の先生にマンツーマンで徹底指導を受け、バスケの練習の合間も夏休みもとにかく勉強、勉強の日々。

英語だけならともかく、バスケも学業もした上での8時間には脱帽です。


さすがアスリート。

その精神力の強さも桁違いです。


普通に日本語で勉強しろと言われても8時間なんてとても無理ですし、ましてや英語漬けの8時間なんて・・・間違いなく自分には無理です。

ただ、さすがに8時間参考書漬けというわけではなく、ラップ音楽やゲームなどを取り入れながら英語を覚えていったそうですよ。

英語学習には洋楽がいいという話はよく聞きますが、ラップはリズムが早くて難しそうなイメージです。

しかし、意外にもラップは英語を聞き取りやすいように丁寧に発音されているので覚えやすいんだそう。

ラップは、リスニングだけでなく、発音を身につけるのにも良いそうですよ。


八村選手の流暢な英語は、ラップで得たものが大きいんですね。

参考書だけだと、発音がめちゃくちゃになって外国人に話しても伝わらなかったり、違和感のある英語になってしまうことが多いと思います。

ラップを聞きながら楽しく英語を覚えていった事が、海外でも自然に通用する英語力の鍵だったんですね。


普段ラップはあまり聞かない自分もラップを聞いてみたくなっちゃいました♪

八村塁 英語が分からず大学で苦しんだことも

高校時代から英語を猛勉強して、憧れのゴンザガ大学に見事入学した八村塁選手ですが、やはり大学でも英語の壁にぶつかったといいます。

ある程度は英語を話せるようになったとはいえ、現地で不便なく生活できるようなレベルには至っていませんでした。

英語が話せないことで試合に出られず苦しんだ時期もあったそうです。


バスケはチームプレーが特に重要なスポーツ。

監督やメンバーから英語で指示されることを完璧に聞き取れないと、試合に影響を及ぼしてしまいます。

八村選手のバスケ能力がどんなに高かったとしても、チームメイトと上手く連携できなければ能力を発揮することはできません。

日常会話は問題なくても、バスケならではの専門用語もあると思います。

日本にいたって業界用語などを覚えていかないと、その分野で活躍するのは難しいですからね。

実際、コーチからの指示が理解できないことに思い悩み、大きなストレスを抱えていた八村選手。

異国の地で一人で奮闘するだけでもストレスがかかるのに、さらに英語という大きな壁によってコミュニケーションが取れないのは、精神的に追い込まれてしまいますよね。


そんな精神状態にあっても心折れることなく進んでこられたのは、

バスケが大好きだから。

この強い思いがあったからですね。

スポンサーリンク

八村塁の英語力をチームメイトも絶賛!

アメリカ生活の中で、英語の壁にぶつかった八村選手。

しかし、諦めず勉強し続け英語力を進化させていきました。

アメリカでも家庭教師をつけて、練習後も移動中もとにかく英語漬けという超スパルタ生活。

その英語力はいつの間にか大学のチームメートも絶賛するほどのレベルになり、昔から英語を話していたんじゃないかと思われるほどになったといいます。


ゴンザガ大学のチームメートだったジョシュ・パーキンス選手は、八村選手の英語について、

「自分よりも英語を上手に話す」

と大絶賛。


ネイティブの方にこんな風に言ってもらえたら嬉しくてたまりませんよね。


八村選手は英語学習法でお馴染みのラップ、そしてやゲームを通じてチームメートと徐々にコミュニケーションを取れるようになっていったそうです。

入学した当初はチームメイトと挨拶程度しか英語を話せなかったのが、大学卒業時には冗談も交えながら会話を楽しめるレベルにまで上達しています。

ゴンザガ大学の監督も八村選手の英語について、1年目には10%くらいしか通じなかった英語も、3年目にはほぼ完璧な状態になったと言っています。

周囲も認めるほど努力をしたからこそ、誰からも愛される人になったんですね。


高校時代は1日8時間、大学に入ってからも毎日6時間くらい勉強していたそうです。

バスケの練習量も半端ない中、この努力は頭が下がります。


八村選手の非公式通訳をしているケン・ナカガワさんと話すときも、英語のみで話すようにしていたそうで、まさに英語だけの毎日を過ごしていたようです。

バスケも英語も努力する姿、そして人柄の良さがあるからこそチームメイトに愛されているんだなと思います。


ちなみに、チームメイトと交流するときに日本のお菓子を配ったりもしていたそう。


地元のお菓子のようで、日本でも売り切れ続出なんだとか。

言語だけでなく、気配り上手でもあったんですね!

八村塁の英語インタビューに絶賛の声

努力して身につけた英語は、チームメイトだけでなく世界からも称賛されました。

八村選手がインタビューで英語を話す姿に絶賛の声が相次いでいて、バスケだけでなく英語力も高く評価されていますね。


ドラフト1巡目指名を受けたときのインタビューで流暢な英語を披露していて、同じ日本人として憧れと同時に心から尊敬しました。

英語が上手というだけでなく、普通に考えたらNBAでプレーできるという喜びで浮足だってしまいそうですが、八村選手は全く動ずることなく、堂々とインタビューに応えていた姿がとても印象的でした。

インタビュー内容もあらかじめ考えていたことを話しているという感じではなく、その瞬間に思ったことを自然に語ったいる感じでしたね。

日本語と英語の両方でインタビューを受けていた姿は日本人の誇りですし、偉業を成し遂げた八村選手に絶賛の声があるのは当然ですね。


「世界の八村塁」としての姿、本当に素敵です!

スポンサーリンク

八村塁の英語動画をチェック!

八村選手が英語で話している動画は数多くありますが、どの動画を見ても流暢に話しています。


動画の中では英語に対するコンプレックスが全くないように見えます。

オドオドした感じもなく、自信を持って語っているような印象を受けます。

全く英語が話せない自分としては、英語を話すこと以上にネイティブの方の会話を聞き取れる力がスゴイと思いました。


バスケをする上で必要になったから、英語を勉強し始めた八村選手。

必要に迫られたからとはいえ、ラップやゲームなど、自分なりに楽しく学べる方法を上手に取り入れていますよね。

やっぱり辛い勉強も楽しくなる工夫をすることが大切なんだなと思います。


アメリカの人から見ても絶賛されるほどの英語力。

今後ますます進化していく姿が楽しみですね♪

八村塁の英語力に驚愕!勉強法やインタビュー動画に称賛の声!まとめ


引用元:https://www.nations.fun/articles/5129


インタビューでは自然な英語をサラッと話していた八村選手。

しかし、そこに至るまでには血の滲むような努力がありました。

バスケのために、辛いこともやり遂げる精神力。

その強さで歴史に残るNBAプレイヤーになってほしいですね!


そんな八村塁選手、父親が居酒屋をしていたことも話題に!


>>八村塁の父親の居酒屋はどこ?


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事と広告
関連記事と広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする