スポンサーリンク

 

松村優太

引用元:https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/soccerdigestweb/sports/soccerdigestweb-68795

 

松村優太選手の出身中学やチームはどこ?弟も静学サッカー部だった!


圧巻ドリブル動画に50mタイムについても考察!


松村優太選手の出身中学や弟の画像、50mタイムや俊足ドリブル動画まで静学エースを徹底調査してみた!

スポンサーリンク

松村優太が静岡学園のエースとして大活躍

高校サッカーの集大成である第98回全国高校サッカー選手権でも数々の活躍を見せてくれた松村優太選手。

2020年1月2日に行われた丸岡(福井)VS静岡学園(静岡)の時の映像がこちら。

まさに鬼キープですね!


これだけ相手チームの選手に囲まれても取られずキープする力はスゴすぎです!


そんな松村優太選手は、静岡学園のアザールやスピードスターとも呼ばれています。アザールというのはベルギー代表MFエデン・アザール選手のこと。

松村優太選手が理想にしている選手ですね。

松村優太の出身中学や所属チームはどこ?

松村優太選手の出身中学については公開されていないようですが、中学時代まで所属していたチームが東淀川FCということは判明していますね。


「東淀川」という地名が入っているのでどのあたりかすぐに分かる方もいるかもしれませんが、大阪府大阪市に拠点をおいているクラブチームです。


東淀川FCは大阪の中でも有名なクラブチームで、松村優太選手は中学時代まではこの東淀川FCに所属してプレーをしていました。


松村優太選手は中学の頃からドリブルが上手いと有名な選手だったそう。


東淀川FCは全校大会の出場歴もある他、女子のチームもあり、男女問わずサッカーが上手になりたいという人が集まるクラブチームです。


チームの公式ページのトップにも松村優太選手が紹介されていますね。

スポンサーリンク

松村優太はドリブルが武器!動画もチェック

スピードとキレのあるドリブルが武器の松村優太選手。


解説者の方もプロ並みと言うほどの技術力!


スピードと細かいボールタッチで繰り返すドリブルは周りと比べると圧倒的なレベル差を感じます。


その凄さはこちらの動画を見れば一目瞭然です。

あまりの凄さに見ている方も思わず「エグイ」と言ってしまうほど。


どこまで一人で持ってっちゃうんでしょうか・・・!

倒れてもすぐ立ち上がり、ゴール!


ドリブルが上手い選手というのはたくさんいますが、松村優太選手が特に優れているのは、ドリブラーの悪癖と言われるボールばかりを追ってしまい頭が下がってしまう「ヘッドダウン」がないこと。


松村優太選手の場合は、常に頭が上がっているので、スピードのあるドリブルをしながらも周囲の状況を即座に判断し、ドリブルかパスを見極めることができます。


ドリブルならコースを見極め、細かいタッチも得意なので、スピードに乗りながら相手を瞬時にかわせますし、周囲が見えている分、パスへ変える判断も早くできるという素晴らしさ!


状況判断力とスピードを兼ね備えた松村優太選手のプレイは安定感がありますね~。

松村優太の50mタイムは早い方?

スピードが武器の松村優太選手の50mのタイムは5秒8


普通に聞くと驚異のタイムですが、実際サッカー選手としてはこのタイムは早い方なのでしょうか?


日本人サッカー選手の中でスピードスターと言われた永井謙佑選手がいますが、ロンドンオリンピックでの試合では、そのあまりの俊足ぶりに試合後にドーピング検査も行われたほど。


その永井謙佑選手の50mのタイムが5秒8と言われています。


ただ、計測について、陸上競技など正式な競技では電子式計測ですが、サッカーの場合はストップウォッチなど手動による計測で、風向きやグランド状態など環境の差異もあるため、正式記録というわけではありません。


それでも、そんな選手と同じタイムってスゴイことですよね!


ちなみにあの長友佑都選手は5秒9


俊足で有名な選手とも十分渡り合えるスピードです。


他にもサッカー選手は5秒台の方がいっぱいいるので、松村優太選手は早いけど、ずば抜けて早いというわけではないかもしれませんね。


サッカーの場合ずっと同じスピードで走るよりも一瞬の間にスピードをコントロールして相手を振り切れるかが大事なので、状況判断力にも優れた松村優太選手ならスピードの緩急で相手を翻弄できるはずです。

スポンサーリンク

松村優太のプレースタイルや評価は?

松村優太選手はベルギー代表FWのエデン・アザール選手を憧れのプレーヤーと言っています。


身長が自分とほぼ同じ175㎝と小柄ながら、当たり負けすることなく、加速と減速を自在に操りながら相手を一気に抜き去るプレーに自身と共通するものを感じているそう。

チェルシーの時は凄い大きい相手に対しても、あんなに小さい身体でドリブルで勝負していた。フィニッシュ精度も凄く高いですし、そういったところは自分の理想とする選手像と重なってきますね

引用元:yahooニュース

と語っています。


アザール選手を目標にする松村優太選手のプレースタイルはスピードとパワー。


一番の武器と言われるドリブルの他、裏抜けやロングカウンターも上手いと評価されています。


トップスピードでもボールコントロールできる高い技術が持ち味です。


そして技術面以外にメンタルの強さも松村優太選手の武器と言われています。


大舞台で実力を発揮できる強さはこれからプロとして活躍していく上で最強の武器ですね。


そんな松村優太選手を迎え入れる鹿島アントラーズも

スピードを活かしたドリブルが最大の武器。ボールタッチも柔らかく、サイドを主戦場に個の能力でチャンスを作り出す

引用元:https://www.jleague.jp/news/article/15653/

と評価しています。

松村優太が鹿島を選んだ理由

卒業後は鹿島アントラーズへの入団を決めた松村優太選手。


なぜ鹿島を選んだのでしょうか?

(鹿島は)どの選手が出ても、どの大会でも結果を残している『常勝軍団』。自分はプロに行ってもまだ挑戦して成長し続けていきたいというのがあった

引用元:yahooニュース

どんなに活躍しても満足せず、どこまでも上を目指し続ける松村優太選手らしい理由ですね。


鹿島以外にも清水や磐田など複数のクラブから声のかかっていた松村優太選手。


2か月以上考え抜いた上で、どんな場面でも結果を残し続ける常勝軍団を選びました。


鹿島側は松村優太選手の個性に注目していて、今までにいないタイプと期待を込めています。


レベルの高いチームの中で、その負けず嫌いと向上心でどんどんレベルアップしていってくれそうですね!


スポンサーリンク

松村優太の弟も静岡学園にいた

松村優太選手の弟さんも静岡学園のサッカー部にいることが公表されています。


こちらの3枚目の写真に松村優太選手と一緒に写っているのが、弟の松村拓実選手

ポジションは松村優太選手と同じMFなんだそう。


高校1年生なので2歳下ですね。


将来は兄弟揃って日本代表として肩を並べる日がくるかもしれませんね!

松村優太のプロフィールをチェック

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Ryouta(@ta6702)がシェアした投稿

  • 名前:松村優太(まつむらゆうた)
  • 生年月日:2001年4月13日
  • 出身:大阪府
  • 身長:173cm
  • 体重:63kg
  • ポジション:MF
  • 代表歴:U-17、U-18日本代表


Jリーグの鹿島アントラーズに入団が内定している松村優太選手。


身長・体重はサッカー選手としては特別大きくはありませんが、小柄ながらも世界で活躍する選手はたくさんいます。


松村優太選手といえば、負けず嫌いとしても有名ですね。


だからこそ、人よりたくさん練習に打ち込んで努力を怠りません。


負けず嫌いが分かるこんなエピソードもありました。


静岡学園高校のサッカー部は部員数が200名以上いるため、部の中でもチームに別れて実力別に練習をしています。


松村優太選手は現在はAチームですが、静岡学園高校に入学した当初はAチームには当時の現3年生の先輩たちが名を連ねていました。


Aチームに入ることを目標に日々練習を続けた松村優太選手ですが、昇格していくのはなぜか自分ではなく周りの同級生ライバル達だったそう。


この状況が松村優太選手の原動力になったといいます。


「ライバルに負けたくない!」
という一心でひたすら地道な練習を積み重ねた結果、驚異的なドリブル力とスピードを融合させた突破力という武器を手に入れることができたそうです。


自分の望まない現実にぶつかったとき、挫折するかバネにするかは、まさに自分次第ですね!


スポンサーリンク

松村優太の出身中学や50m俊足ドリブル動画!弟も静学にいた まとめ

高校サッカーで圧倒的な実力を見せてくれた松村優太選手。


プロ入り後の活躍にも期待ですね!


これから日本を背負う代表選手として活躍してくれることを楽しみにしながら、応援していきましょう!



最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク