スポンサーリンク
レンタルなんもしない人,森本祥司

レンタルなんもしない人・森本祥司が妻と別居した理由は?


別居理由や発言が炎上!


炎上楽しい発言の真相も調査


レンタルなんもしない人・森本祥司が妻と別居した理由や炎上理由についてまとめてみた!

スポンサーリンク

レンタルなんもしない人とは?

レンタルなんもしない人とは文字通り『何もしない人』


何もしないことを仕事にしています。


2018年にツイッターでサービスを始め、瞬く間に注目され一躍話題の人になりました。


レンタルなんもしない人は森本祥司さんという男性です。

レンタルなんもしない人,森本祥司
引用元:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/264747


1983年生まれの現在36歳(2020年4月時点)の方で、妻子持ちの父親でもあります。


レンタルなんもしない人への依頼理由は様々で、場所取りや話し相手などイメージ的には便利屋に近いかもしれません。


便利屋と違うのは、あくまでも『何もしないことで成立する』という点。


ただ一緒にいてほしいという依頼もあるそうです。


1人ではいたくないけど、よく知った人だと気まずいということでしょうか。

レンタルなんもしない人
引用元:https://book.asahi.com/article/12371233


特に何もしないけれど、依頼者のニーズを満たすという斬新なサービスです。


レンタルなんもしない人は空気のような存在で一緒にいて気疲れしないのも、依頼が途絶えない秘訣なのかもしれません。

レンタルなんもしない人が妻と別居!理由は?

森本祥司さんはレンタルなんもしない人をするにあたり、家族を養うために貯めていた貯金を切り崩しながら生活していたそうです。


そんな中、妻ではなく森本祥司さんが一方的に家を出てしまいました


別居理由について本人の口から語られてはいませんが、テレビのナレーションによると、家事や育児をめぐって言い合いになったことが一つの要因だそう。

「いや、僕がもうちょっと自由にやりたいってことですね。嫌なことを避けて逃げて生きていたら、どうなるかっていう。」

「これも実験の一つかもしれない」


とあまり深刻にはとらえていないようですが・・・。


以前は依頼を受けても交通費や飲食代以外、無報酬で活動していた森本祥司さん。


2019年5月にフジテレビ「ザ・ノンフィクション」で取り上げられて以降は、一万円の依頼料を取ることにしたそうです。


テレビ放送され知名度が上がったと同時に、父親として何もしていない、それでは妻子を養えないという批判の声が殺到したからだそうです。


家庭内での役割や世間からの圧力から脱したくて、別居を選んだのかもしれませんね。

スポンサーリンク

レンタルなんもしない人の妻の思いとは?

森本祥司さんの妻はフリーのイラストレーターで、以前は『一里(いちり)』、現在は『森本愛逢(もりもとあお)』さんという名前で活動されています。


森本祥司さんがレンタルなんもしない人として世間から賛否両論を受ける中、このようなツイートをされています。

私は可哀想と言われても構わないです。同情して私と子供のことを心配してくださっているのだから、私たちのことを気にかけてくださっていて嬉しい。私は、言われたくないということも、それで傷つくということもないです。ただ、息子がどう思うかは私にはわかりません。誤解のないようお知らせします。



引用元:https://twitter.com/ichili_/status/1173476358233575424


ある人のツイートに対しての意見のようです。


元のツイートは削除されてしまっていますが、レンタルなんもしない人の家族であることについて、妻である森本愛逢さんが可哀想と同情されることに対し、可哀想とは言われたくないのでは?という意見があったのだと思います。


妻の森本愛逢さんは世間からの声を冷静に受け止めていました。


感情的になることもなく、それぞれの立場を理解した冷静な大人の対応です。


妻の森本愛逢さんの大人対応を見ると、夫・森本祥司さんの行動はなんとも子供に見えてしまいます・・・。


夫の活動に理解を示しつつも、子供もいる以上、家事や育児という現実問題がありますよね。


妻としてはとても複雑な心境だと思います。

レンタルなんもしない人が炎上

度々炎上してしまうレンタルなんもしない人・森本祥司さん。


行動や考え方が世間に受け入れられず炎上しています。

妻子に対して無責任?

世間からの批判のほとんどが、妻子に対して無責任という意見です。


報酬をもらわず無収入はさすがに厳しいですね。


1人ならともかく、家族がいれば生活費や養育費を稼ぐ責任もあると思います。


『嫌なことを避けて逃げて生きていく』というスタンスに批判が出るのは仕方ないことですね。


お子さんがまだ小さいというのも、批判が大きくなる理由だと思います。

スポンサーリンク

批判ツイートに攻撃

批判の多い森本祥司さんですが、批判ツイートに対し相手を逆なでするようなリプをしてしまうことでさらに炎上を大きくしてしまうことも。

引用元:https://togetter.com/li/1309358


このツイートに対し

引用元:https://togetter.com/li/1309358


と噛みつき、第三者も含めたレスバトルになってしまいました。


依頼料を取ることを決めたときも、こんなツイートをしています。


完全スルーはできない性格なのでしょうね。


レンタルなんもしない人としての考え方があるのは理解できますが、批判ツイートに噛みつくことで自ら炎上を大きくしてしまう姿勢はちょっと疑問に思ってしまいます。


炎上商法なのでしょうか?

レンタルなんもしない人 炎上楽しい発言?

レンタルなんもしない人・森本祥司さん自ら『炎上が楽しい』と発言したことがあります。


2019年にトークショーをした際、「炎上はどうですか?」と質問され

めちゃくちゃ楽しいです、炎上。みんな自分のことばっかり言っているので。



引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66410


と答えています。


ずっと無名状態だったので、たとえ批判の声でも知名度を得たことが嬉しかったようです。


無名で過ごしたときの方が、ずっと辛かったといいます。


『嫌なことを避けて逃げる』という発言からメンタルが弱いイメージがありましたが、強靭なメンタルの持ち主でした。


ビジネスとして炎上商法を仕掛けているわけではなく、単純に話題になりたいという思いが強いようですね。


考え方に賛否両論あると思いますが、ドラマ化が決定したのも知名度が上がったからなので、一概に否定はできないところですね。

スポンサーリンク

レンタルなんもしない人は共感性が低い?

レンタルなんもしない人
引用元:https://book.asahi.com/article/12371233


レンタルなんもしない人・森本祥司さんは自分についてこう語っています。

僕が全然、共感能力が低くて、どういうところが他人を傷つけるのか、まったく分からないところがあるんです。診断を受けていないのではっきりとはわかりませんが、どこか発達型の障害があるのかもしれません。



引用元:https://book.asahi.com/article/12371233


批判の声にめげるどころか、時々噛みついて炎上させてしまう理由は共感性の低さにあるのかもしれません。


だからこそ、言葉ではなく、ただそこにいるだけで依頼者に満足してもらえる「レンタルなんもしない人」は最適な選択なのでしょうね。


自分の適性に合ったことを適正な価格で提供し、ビジネスとして成立させれば天職といえそうです。

レンタルなんもしない人の今後は?

レンタルなんもしない人
引用元:https://book.asahi.com/article/12371233


レンタルなんもしない人・森本祥司さんは今後やりたいことや夢などはあるのでしょうか?

先はわからないですね。ぼくは今まで、なにかしようとしたけど駄目だったことを繰り返してきたので、自分の意思に対する信頼がゼロなんです。自分がなにか企画しようとすると失敗するのは目に見えているので、いろんな人たちの都合に合わせて流れていきたいです。



引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66410


ここまで自分の意志がないのも珍しいですね!


ある意味悟っています w


周りがなんとかしてくれることに期待しているそうです。


究極の他力本願ですが、ドラマ化はその一つの成果なのかもしれませんね。


ついつい周りに流されて自己嫌悪に陥る人から見れば、これほど振り切った人がいると変に安心してしまいます。


今後どうなるかは神のみぞ知るというところでしょうか。

スポンサーリンク

レンレンタルなんもしない人は妻と別居!炎上楽しい発言の真相とは?【まとめ】

レンタルなんもしない人,森本祥司
引用元:https://toyokeizai.net/articles/-/296447


レンタルなんもしない人こと、森本祥司さんについてまとめてみました。


斬新なサービスで賛否両論ありますが、有給休暇すら取りにくい日本社会の中では受け入れられるには時間がかかりそうです。


ですが、森本祥司さんにとっては最適な道なのだと思います。


ドラマではどんな風に描かれるのか楽しみですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク