sixtonesはデビューできない・無理なの?9月情報も調査!

ジャニーズJr.の人気グループsixtones(ストーンズ)はデビューできない・無理って本当?理由は?デビューの可能性や、9月という情報は?sixtones(ストーンズ)がデビューできない・無理と言われる理由や、デビューの可能性、9月情報について徹底調査!

スポンサーリンク

SixTONESって?

SixTONES(ストーンズ)は、ジャニーズJr.の田中樹くん、森本慎太郎くん、高地優吾くん、京本大我くん、松村北斗くん、ジェシーくん、の6人からなる人気グループ。


ジャニーズJr.なので、正式なデビューはまだですが、すでに様々なイベントに出演していて、ジャニーズJr.の中では大人気なんです。


YouTubeの公式チャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」でタッキーこと、滝沢秀明さんがプロデュースしたMVが、2018年11月5日に公開されました。


それが何と、翌日には再生回数100万回を突破という、今ジャニーズJr.で最も勢いのあるグループ。


「ジャニーズJr.チャンネル」では、SixTONES以外のグループの動画もたくさんありますが、その中でも、SixTONESの再生回数はチャンネル内でダントツ!


すでにこれだけ人気があって、これからジャニーズの中でもトップクラスの人気グループになれると期待されているんです。


また、メンバーはそれぞれ個人でも芸能界で活躍していて、メンバー一人ひとりへの期待も大きいんです。


もはやこの人気から見て、デビューは間近?と期待されていますが、実はその裏でデビューはできない、無理なのではないか?なんて話もあるんです。


人気があるのにどうして?と思いますよね。


その理由に迫ってみたいと思います!

SixTONESはまだデビューできていない

2018年には、東京の品川駅にYOUTUBEの宣伝で、SixTONESのこんな大きな広告が飾られました。


こんな大体的な広告を見て、ファンの方たちは、

とうとうデビュー!?

という期待の声が大きかったのですが、現時点(2019年3月)でもまだデビューはしていません。


SixTONESは、インディーズ曲もあり、YouTubeでも相当な再生数。

そして、すでに結成から3年以上が経過していて、こんな大きな広告も作られるくらいなので、むしろデビューしていない方がちょっと不思議ですよね。

SixTONESはデビューできない?ファンの声

SixTONESファンからは、何でまだデビューできないのか?と疑問の声が多く上がっています。


・なんで SixTONESがデビューできないのか 人生最大の謎 。

・SixTONESのCDがタワレコに並んで、ポップにでかでかと『デビューおめでとう!!!』って書かれてあるのを見たい

・sixtonesにはデビューはもちろん絶対にしてほしいし、他誌のインタビューやYouTubeを見て本人達もしたいって思ってるのは確か。

・早くSixTONESをデビューさせてください。事務所さんお願いします。

何故?という疑問の声から、事務所に嘆願する方まで、デビューを切実に願うファンの方が多いんです。

スポンサーリンク

SixTONESがデビューできない(無理)な理由

結成からの期間も、人気や実力も十分なはずなのに、デビューできないって
不思議ですよね。


実は、そこには数々の社会的な裏事情があるのでは?と囁かれています。

SixTONESがデビューできない理由①

SixTONESのメンバーの家族による不祥事のためでは?という話があります。


2名いるのですが、一人目は「田中樹」さん。
田中樹さんの兄は、田中聖さん(元KAT-TUN)です。

田中聖さんというと、度々の不祥事でジャニーズ事務所を解雇されていますよね。


そして、二人目は「森本慎太郎」さん。
森本慎太郎さんの兄は、森本龍太郎さん(元HeySayJUMP)です。

森本龍太郎さんといえば、HeySayJUMPのメンバーとして活動をしていましたが、14歳の時の喫煙が発覚し、無期限活動休止の処分となっています。


家族のことで、弟さんたちが影響を受けるのはおかしいとは思いますが、どちらも、ジャニーズで有名だっただけに、SixTONESがデビューすると、当然、兄弟関係が注目されてしまいます。


会社としては、当時のスキャンダルを、今になってまた騒ぎにしたくないという気持ちがあるのかもしれません。

SixTONESがデビューできない理由②

SixTONESが時間にルーズなのが問題なのでは?という話もあります。


どういうことかというと、過去にジャニーズJr.が出演するイベントでSixTONESがMCを行ったところ、持ち時間を大きく超えてしまったそう。

時間を超えてしまったことで、延長料金が発生したりなんてことも。


デビューして分刻みのスケジュールとなれば、この時間にルーズな点は致命的ですよね。


もちろん、見ているファンは長いMCなら嬉しいのですが、マネジメントするスタッフたちは、やきもきしてしまうかもしれません。


ただ、これはSixTONESに限った話、という訳ではないので、これだけが理由とはいい難いですね。

SixTONESがデビューできない理由③

今や大人気のKing&Prince(キンプリ)

2018年5月に彼らがデビューしているので、注目を集めるためにも、連続デビューというのはないのでは?と言われています。


しかし、過去の例で、Kis-My-Ft2・Sexy Zoneは同年デビューなので、理由としては少し弱いですね。

SixTONESの武器って?

デビューできないなんて不穏な噂もありますが、すでにファンも多く、大人気であることは確かです。


SixTONESは、高身長でカッコイイという見た目もあるのですが、何よりも「歌が上手い!」というのが、一番の武器。


また、時間にルーズなところ含め、優等生グループというより、ちょっとヤンチャでワイルドなところも魅力の一つなのではないでしょうか。


ジャニーズというと、どちらかというと弟のようなかわいいイメージや、王子様や優等生のようなイメージが強いですよね。


しかし、SixTONESは、王道とはちょっと雰囲気の違うジャニーズといったところが魅力なんだと思います。

ライブ映像がありましたので、のせておきます↓↓


SixTONESの他にデビューしそうなのは?

ジャニーズJr.には、SixTONES以外にもデビューするのでは?と言われているグループがあります。

ライバルともいえる、他のグループについても、チェックしておきましょう!

・HiHi Jets(ハイハイジェッツ)

2015年に結成された、5人グループで、ローラースケートを特技としているグループです。


ローラースケートというと、元祖ジャニーズという感じですよね。
(光GENJI・・・というと年代を感じちゃいますよね。)

ちなみに、ローラースケートは事務所の方針、もっというと社長の趣味だそう。笑


Mステや舞台などで活躍する機会も多く、King&Princeの次に来るのでは?と期待されているグループです。


・東京B少年

2016年に結成された、6人グループで、グループ名はジャニー喜多川社長が東京オリンピックを意識して付けたんだそうです。


ジャニーズの王道スタイルを目指しているグループということで、ジャニーさんからの期待も厚く、オリンピックに合わせて2020年にデビューするのでは?と言われています。



HiHi Jets(ハイハイジェッツ)、東京B少年、どちらもデビュー間近と言われています。

タイミング的には2020年に、2グループ同時デビューといった予想も多いようですね!


デビューを狙う人気グループが次々と出てくる中、SixTONESは一足先にデビューすることができるのか?


今後の動きに注目です!

SixTONESのデビュー 9月って?

SixTONESは2018年下期から、メディアへの出演も多くなってきていて、ますます知名度を上げてきています。


さらに、SixTONESといえば、MVを滝沢秀明さんがプロデュースしていて、滝沢さんとのつながりが深いグループ。


そんな中、滝沢さんが「ジャニーズ・アイランド」という、ジャニーズの関連会社の社長になることが発表されました。

そこで、SixTONESはこの滝沢さんの会社の元で、デビューして売り出す可能性が高いのでは?と言われています。


新会社としても、最初にデビューさせるグループには、並々ならぬ期待をするはず。


すでに人気と実力がこれだけあるグループなら、新会社の看板と期待を背負って行けるのではないでしょうか?



ちなみに「SixTONES デビュー」で検索すると「9月」というワードが出てきました。

しかし、9月にデビューするといった具体的な情報はありませんでした。


もし、本当に滝沢社長の元でデビューするなら、何か記念となるような日付になる可能性が高いですよね。


また、もうすぐ元号が変わるということで、平成から新たな時代に突入するタイミングとともに、新時代を築いていく思いをこめて、5月デビュー?なんて噂もあるみたいですね。

sixtonesはデビューできない・無理なの?9月情報も調査!まとめ

次々と人気グループを輩出しているジャニーズで次にくると言われている、SixTONES。

2019年のデビューの可能性も高くなってきているので、ぜひ今のうちにチェックしておきましょう!


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする