坂口拓がキングダムで人気!引退理由やアウトデラックス動画はある?

坂口拓さんが映画「キングダム」で人間離れした強さを魅せ話題になっています!アクション俳優の引退理由やアウトデラックスに出演した動画はあるのでしょうか?キングダムで話題の坂口拓さんの強さの秘密、過去の引退理由やアウトデラックス動画を調査しました!

スポンサーリンク

坂口拓のキングダムでのアクションがスゴすぎる

映画「キングダム」が大ヒットしていますね。


古代中国、春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を目指す信と、秦の始皇帝になるえい政を軸に描かれる大河アクション。

原作は漫画なので実写版となると賛否両論ありますが、今回はかなり高評価の意見が多いようですね。


主人公・信を演じた山崎賢人さん、えい政役の吉沢亮さん、他にも大沢たかおさん、長澤まさみさんといった豪華メンバーの演技やアクションも注目なのですが、今回意外な人物に注目が集まっています!


それが悪役の左慈を演じた、坂口拓さん。


左慈は、服を汚されただけで相手を真っ二つにするという超危険人物。

そんな左慈と信との戦いのシーンは壮絶で、速すぎて動きが見えないほど。


坂口拓さんはアクション俳優だけでなく、アクション指導や監督という実績も持っている方なので、演技とか以前に強すぎるオーラが溢れ出ています。


これマジで強い人ですね。


監督が「本当の強さを表現したい」ということで出演オファーしたんだそう。

監督が求める本当の強さを持つ坂口拓さん、短い時間でも圧倒的な存在感を放っています。

坂口拓は現代忍者って本当?

「21世紀を生きるたった1人の現代忍者」


と名乗っている坂口拓さん。


それだけ聞くと、あれ?この人ちょっと大丈夫かな?という感じですよね。

しかし、その実力を知れば納得です。


アクション俳優としてリアルさを追求するため、少林寺拳法をはじめ、ボクシングやムエタイなどあらゆる格闘技を経験し、身につけてきたそうです。

色んな格闘技を経験する中で、これだ!と思ったのが「ゼロレンジコンバット」といわれる格闘術。

肩甲骨の動きでスピードや威力を高め、ゼロ距離で相手を倒すという古武術を基にした格闘術として軍隊でも取り入れられているんだそう。


もうアクション俳優を極めるという次元を超えて、ガチの戦闘術です。


ただ、あまりに武術を極めすぎて映画でアクションシーンを撮影したものの、その速さにカメラが付いていけず、わざとゆっくり動いたなんてエピソードもあるそうです。

またそれだけに留まらず、海外へ武者修行の旅にも出たそうですが、そこでは映画さながらのリアルファイトも・・・。

ついには、人間だけでなく熊と素手で戦って勝ったという話もあり、もうアニメや漫画の世界さながら。


というか、百獣の王の武井荘さんのポジションも危うくなってきません?これ。


忍者にこだわっているのも、日本人だけでなく海外の人にも知ってもらいたいという気持ちからだそうです。


確かに外人の方、侍や忍者大好きですからね!

坂口拓 アウトデラックス出演の動画はある?

そんな坂口拓さん、2015年に「アウトデラックス」にも出演しているんです。


「実話ナックルズ“ケンカ強いランキング”に常に入る男」


と紹介されています。


初めて見る人は、嘘でしょと思いますが、ガチなやつですからね。

スタジオで坂口拓さんは、自身が宮本武蔵役として出演した映画「狂武蔵」のエピソードを披露しています。


この映画は1日限定で公開されたものだそうですが、何と75分もの間、宮本武蔵がひたすら敵を斬って斬って斬りまくるという前代未聞のアクション映画。

何と588人の刺客と戦ったそう。


さらに驚くことに、この映画1シーン1カットの長回しで撮られています。

つまり、文字通りのノンストップアクション映画。


ノンストップや敵の人数にも驚きですが、撮影では刀を持った敵が本気で当てに来ていたそう。

坂口さんは途中で指が骨折していることに気付いたものの、指を噛んで継ぎ治したり、あばらを骨折しても続け、終わった後には何と奥歯も全て砕けていたそう。


聞いてるだけでもゾッとします・・・。


あまりの壮絶エピソードにマツコさんも最初は「いい男」と興奮気味でしたが、最後はドン引き。


アウトデラックスっていつも相当アウトな人たちでお馴染みですが、ここまでのエピソードは中々ないと思います。

出演時の動画もありました!


【動画リンク】アウトデラックスでの狂武蔵エピソード(YouTubeへ飛びます)
※リンク先動画は管理者の都合で削除される場合がございます。予めご了承ください。

スポンサーリンク

坂口拓は清野菜名の師匠だった!

坂口拓さんはアクション俳優だけでなく、アクション指導もしています。


「今日から俺は!!」のヒロイン・赤坂理子役や、テレビ朝日の「やすらぎの刻~道」で主演をつとめる清野菜名さんの師匠なんだそう。


もともと清野菜名さんは、運動神経抜群でアクション女優を目指していたそうなんです。

高校1年から2年間にわたり、ボクシングやアクロバットなどのアクション指導を受けていました。


2年間も習っていたということは、清野菜名さんもかなりお強いのではないでしょうか。

坂口拓 Youtubeでスリッパ戦闘を披露?

坂口拓さんといえば、SNSやYoutubeで「もしも◯◯だったら」という設定で様々な防衛術も披露しています。


「もしパティシエが悪の集団に襲われたら?」など、なんじゃそら!というぶっ飛んだシチュエーションなのですが。笑


さらに「スリッパで戦ったら」という設定も。

お題はフザケてるように見えますが、本当にスリッパ両手に襲い来る人たちを次々と撃破しちゃってるのはさすがです。



スリッパって履く以外にもいろんな使い道があるんだね!

どんどん当てちゃおう!


ってそれでいいのか。そうなのか。


それにしても、本当に強い人がなぜこんなふざけたテーマにしているんだろう、と思いますがこれはウケ狙いなんだそう。

「強い日本人を表現したいなって思ってて。その間口を広げるため、海外の人にも伝わるように現代忍者にこだわってます。SNSでふざけた防衛術を発信しているのも同じです。現代に広めるためには相当ふざけたほうが、ウケるしいいなと思って。見る人が見れば、その技術はわかりますから。周りからは”チャラい”って言われるけど、いいんです(笑)」

引用元:http://ur0.link/0EeE


みんなに見てもらうためにエンターテイメントを意識しているということなんですね。


プロの軍人すら凌駕する技を持つと言われる坂口拓さん。

見る人が見れば分かるというのは、自信の現れですね!

坂口拓 俳優を引退した理由とは?

坂口拓さん、実はアクション俳優を一度引退しているんです。

2001年にデビューして「あずみ」や「魁(さきがけ)!!男塾」などを始め、数々の映画に出演し活躍してきた坂口さん。


引退のきっかけとなったのは、あの映画。

アウトデラックスで出演者もドン引きするくらいの壮絶エピソードの元となった「狂武蔵」です。

「77分ワンカットで戦い続けました。『目でも頭でも潰していいから本気でこい』って言ったら開始5分で指が折れて、『あと72分もあるのかよ!』って驚きました(笑)。終わって横になったらバーッと涙が流れてきたんです。でもそれって達成感からでもなく、体が泣いていたんですよね。それで辞めました」

引用元:http://ur0.link/YdDK


70分以上もノンストップで戦い続けたら、体も泣きますよね。

燃え尽き症候群・・・とはちょっと違うようですが、坂口さんの中で何か糸が切れちゃったのかもしれませんね。


アクション俳優を引退した後は、役者さんの代わりに危険なシーンを演じるスタントマンのような活動をしていたんだそうです。


しばらくアクション俳優から遠ざかっていた坂口さんですが、師匠となる稲川義貴さんと出会ったことで、再びアクション俳優に復帰しています。


坂口さんがあらゆる格闘技を模索する中で巡り合った「ゼロレンジコンバット」。

この「ゼロレンジコンバット」の創設者が稲川義貴さんだったんです。

スポンサーリンク

坂口拓は結婚してるの?

坂口さんはアクション俳優・監督・指導者、男らしい外見、そして言うまでもなく圧倒的な強さを持っている方なので、かなりモテそうですが結婚はしているのでしょうか?


調べてみましたが、結婚以前に恋愛の噂なども全くありませんでした


いい年齢ということもあり、ファンの方ですら女性に興味ないの?と余計な心配をしてしまうほどだそう。

ここまで浮いた話が無いとなると、結婚もしていない可能性が高そうですね。


恋愛もさることながら、そもそもプライベート自体謎が多いですよね。


今回「キングダム」で注目が集まっているので、今後アクション俳優としてはもちろん、指導者としてのオファーも相当増えるのではないでしょうか。

アクション指導で女優さんと知り合う機会も多くなれば、お付き合いになる可能性もありますからね。

坂口拓のプロフィールをチェック

坂口拓さんのプロフィールもチェックしておきましょう!


引用元:http://ur0.link/YPYj

  • 名前:坂口拓(さかぐち たく) ※別名義はTAK∴
  • 生年月日:1975年3月15日 44歳 ※2019年4月時点
  • 出身地:石川県
  • 血液型:A型
  • 身長:175cm
  • 体重:74kg

坂口拓は本名だそうです。


2001年に「VERSUS」で主演デビューしてから映画を中心に活躍を続け、2008年には少年ジャンプの人気漫画の実写版『魁!!男塾』で、監督兼主演を務めています。

アクション俳優だけでなく、スタントとしての活動の他、アクション指導や監督などマルチに活躍しています。


また、伊賀忍者の忍術と現代の実践的戦闘術をMIXさせた次世代の忍者集団「雷風刄」のプロデュースもしていて、ショーやイベントも行っています。

坂口拓がキングダムで人気!引退理由やアウトデラックス動画はある?まとめ

現代忍者の坂口拓さん。


SNSやYoutubeなどでは面白ネタを披露していますが、その身のこなしはまさに忍者そのもの。

これからも、本物のアクションで日本映画界を盛り上げていったほしいですね1


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする