松本走りや名古屋走りとは?苦情・事故の元の危険運転動画も調査!

松本走りや名古屋走りとは何かご存知ですか?苦情や事故の元になるローカル危険運転のことで、メディアでも取り上げられ話題となっていて動画もあります。松本走りや名古屋走りの特徴とは?苦情や事故につながる危険運転動画とは?ローカル危険運転について調査しました!

松本走りとは?特徴まとめ

「松本走り」ってご存知ですか?


いわゆるローカル危険運転の一種で、長野市松本市内でよく見られる、自動車運転マナーの悪さを表した言葉です。


具体的にどのような特徴があるのか見てみると、

・信号が赤になっても右折
・対向車がきているのに躊躇せず曲がる
・対向車が左折する前に右折してしまう

など、左折より右折が優先だったの?というくらい、右折ファーストが特徴のようです。


他にも

・ウインカーを出さず進路変更

といったこともあるようです。


県外から来た人に、非常に危険・マナーが悪いと指摘されることも多く、危険運転の常習化に市長も安全運転を呼びかけています。

松本走りの危険すぎる動画

松本走りの代表ともいえる右折ファーストな動画がありました。

「対向車が左折する前に右折してしまう」とやはり右折ファーストを象徴するかのような運転です。

松本走りの原因は何?

「松本走り」の原因とは何でしょうか?


理由として、松本は城下町だったので道路が狭く、右折レーンを設けられない場所が多いことを指摘する声が多いようです。

そのため、右折車で渋滞してしまうため、右折ファーストの考えが生まれたのでは?と言われています。


実際、自分は親族が松本に住んでいるので、松本には何度も行ったことがあります。

確かに言われて見れば道が狭くて、渋滞しやすい印象ですね。


渋滞していると確かにイライラしてしまいます。

しかし、強引な右折はされた側にとっては本当にヒヤヒヤもの。

道が狭いから仕方ないを理由にしてはいけませんね。

スポンサーリンク

名古屋走りとは?特徴まとめ

有名なローカル運転といえば「名古屋走り」もあります。


愛知県の名古屋市やその界隈で見られる、運転マナーの悪さを表す言葉です。


愛知県といえば、交通事故発生件数・死亡者数もワースト1位を度々記録してるので、他県からは運転マナーが悪い代表のような印象を持たれてしまっていますね。


かくいう自分は、名古屋に住んでいます。

住んでいる立場として、世間の印象は悪いけど、本当はそんなことないよ!大丈夫だよ!



・・・といいたいのですが、はい。ごめんなさい。言えません。



では、名古屋走りの特徴について見てみましょう。


・法定速度は基本守らない

全体的に皆早いです。

結構高速で走っているので、純粋に速度を守ろうとすると、逆に危険を感じたりすることも・・・。


・信号無視

交差している車線が青に変わるまでは、赤信号でも進み続ける。

停止線を超えて横断歩道や横断歩道の先で停止している。


日常茶飯事とまでは言いませんが、赤に変わっても何のことなくスーッと行ってしまう車は度々見かけます。


一般車はともかく、タクシーなどはさすがにしないだろう、と思いきやタクシーでもあります。


自分は残業で終電を逃し、タクシーで帰ったとき、

あれ?今赤だったような・・・

みたいなこともありました。


あまりに華麗なスルーっぷりに、瞬時に理解できなかったのですが、普通に走ってたよね・・・?

大きい道路で深夜で車が全くいなかったので、スピードを出してたらつい・・・ということかもしれませんが、いやいやいや。


というかスピードも結構出てたと思います。


もちろん、名古屋のタクシー全てがというわけではありませんので、くれぐれも勘違いしないでくださいね。



・黄色はアクセル

信号無視もよくあるので・・・黄色はGOの合図も同然です。

黄色で止まると「今行けただろ!」と怒られる率のが高いと思います。

・急すぎる車線変更

車線変更でウインカー表示を行わない、ウインカーを一瞬しか出さない、車線変更を開始してからウインカーを出す(謎)などなどウインカーの使い方が自由すぎます。

少しでもウインカー出してたらまだいい方かなと思います。

全く出さずに急にフッと何事もなかったかのように入ってくる車が多いです。

思い立ったら車線変更は本当にやめてほしいです。怖いですから。


・ジグザグ走り

二車線をまたいで割り込みながら進んでいく。


一般道でそこまで多いとは思いませんが、高速などでよくある光景のようですね。

少しでも目的地に早く着きたいのか、タイムアタックなのか・・・

でも結果的にそんなに早くなるものなのか、いつも疑問です。


・車間距離が狭い

車間距離が1台分以上空いていると割り込まれる事が多いので、あえて車間を空けないようにしている車が多いようです。

皆そうというわけでもないですが、そんなキチキチにする必要あります?

ってくらいの人もいます。

車どころか何人たりとも割り込ませまいオーラが漂っています。

名古屋走りの危険すぎる動画

名古屋走りの動画を見てみましょう!

割り込まれる側はイラッと来ちゃいますよね。

アトラクションのファストレーンじゃないんだから、何ちゃっかり割り込んでるの?となりますね。


こちらは交差点での光景。



左折レーンでまさかの右ウインカー、からの直進!?


もう訳が分かりません。


でもその先には警察官が待ち構えていました!

警察がいたからいいものの、ルールも何もあったもんじゃありませんね。

名古屋走りの原因は何?

名古屋走りの一番の理由は、やっぱり道路が広いことなのではないでしょうか。


先ほどの「松本走り」は道路が狭く渋滞しやすいことが大きな原因だったので、対象的な理由ですね。


名古屋市内は道路の幅が広く、一般道でもここ高速道路?と勘違いしてしまうほど整備されているところが多いです。

走りやすい故に、ついつい飛ばしてしまう方が多いんです。


また、道路が整備されている上、ショッピングモールなども敷地が広く、駐車場も広いので基本どこでも車で行けてしまいます。

他県に比べ車を使う機会が多いので、事故件数が多くなるのは必然かもしれません。


また有名な自動車メーカー「トヨタ」があることもあり、自動車保有台数が多いということもありますね。

おじいちゃん、おばあちゃんから子供一人一人まで、家族全員がマイカーを持っているなんてことも珍しいことではありません。

スポンサーリンク

松本走り・名古屋走り 事故の元に苦情殺到

「右折ファースト」「信号無視」「スピード超過」どれも道路交通法に違反する危険行為です。

危険運転を見た、遭遇した人は苦情を言いたくなると思いますが、どこに言えばいいのでしょうか?


タクシーやトラックなどであれば、その運営会社に申し入れるのが良いようです。


トラックであれば「全日本トラック協会」のホームページがありますので「安全・環境対策に関するご意見」から入力フォームに従って入力することもできるようです。


全日本トラック協会
※外部サイトへ飛びます


一般車の場合は、管轄の警察に通報することになりますが、ネット上の意見を見てみると、聞き入れてくれなかったなどの意見もありますね。

しかし、きちんと受け付けてくれるケースがほとんどなので、警察に相談するようにしましょう。

・ナンバー
・車種
・色
・危険運転に遭遇した場所

など出来る限りの特徴を伝えるようにしましょう。


苦情が多い場所なら、警察も取締りを強化してくれると思います。

松本走り・名古屋走りは本当に怖い

松本走り、名古屋走りといったローカル運転は本当に危険です。


自分自身、名古屋で何度も危険な場面を見てきました。


というか、すでに車の免許を取得するときから危険は感じていて、だいぶ前のことですが始めて路上教習をしたときのこと。
 

いきなり煽られました。泣

なんか車間が近い近い・・・そんなものなの?と思っていたら
 

(教官)「あ~煽られてるね~。よくあるよくある。笑」

 
と爽やかな笑顔。


え??煽られてんの?教習車なのに?だめじゃない?

怖えぇ。泣
 
 
とすでにトラウマです・・・。



せっかちな人多いんだよねぇ~と教官は余裕の笑顔だったので、きっと普段から慣れてるんだろうな・・・と思いました。


もちろん皆が危険な運転をしているわけではありません。

マナーの良い方もたくさんいます。


メディアでも車の事故が多く取り上げられていますが、強引な運転は怖いで済むならまだしも、一歩間違えれば自分の人生も、他人の人生も壊してしまいます。


道路が広いから、狭いから、理由は様々だと思います。

しかし、仕方がないと諦めるのではなく、そんな状況でも少しずつでもマナーを守ろうとする意識を高めていかなければいけませんよね。

松本走りや名古屋走りとは?苦情・事故の元の危険運転動画も調査!まとめ


「松本走り」「名古屋走り」などローカル危険運転の特徴についてまとめてみました。


現地にいると、従わない方がルール無視のように思えてしまいますが、そもそもルールでも何でもなく危険なことだということを認識しなければいけませんね。


せっかちでなくても、時間がない時はついイライラしてしまうもの。

時間に余裕を持って行動できる人間になることも大切です!


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする