高橋一生は歌うまい・下手どっち?過去動画や歌手デビュー曲を調査!

高橋一生さんが歌手デビューすると話題ですね!高橋一生さんは歌うまい?それとも下手?過去動画で気になる歌唱力をチェックしてみましょう!高橋一生さんは歌がうまいのか、下手なのか?過去動画での歌唱力や歌手デビューのエレカシ宮本浩次さんプロデュース曲を徹底調査!

スポンサーリンク

高橋一生が歌手デビュー ドラマ主題歌「きみに会いたい」

女性に大人気の俳優・高橋一生さん。

そんな高橋一生さんの歌手デビューが決まり話題になっています!


現在出演中のテレビ朝日のドラマ「東京独身男子」の主題歌にもなっているので、すでに耳にしている人も多いと思います。


作詞、作曲、プロデュースを手がけたのは、エレファントカシマシの宮本浩次さん。


「きみに会いたい」というタイトル通り、恋焦がれ、苦悩する男の気持ちを表現したこの曲、歌い方もカッコいいですね。


爽やかで落ちついたイメージがある高橋一生さんが、こんな恋い焦がれる男になっているということで、想像していたイメージと違うとキュン死にする女性が続出しているとか。

こちらの楽曲、宮本さんの大ファンだという高橋一生さんがラブコールする形で、プロデュースしてもらうことが決まったそうです。


高橋一生さんは「未だに夢のようです」と、敬愛する宮本さんにプロデュースしてもらい夢心地だったご様子。


一方プロデュースした宮本さんは曲について、このようにコメントしています。

「ドラマでは独身男性が主人公なので逆に色っぽい歌にしたかったのです」

「自分では言いにくい例えば『きみに会いたい』というフレーズも、一生さんを通して思いきって言えることがとてもうれしく、自分にとってもわくわくする仕事でした」

引用元:https://thetv.jp/news/detail/191319/p2/


宮本さんは、デビューして30年間、自身のバンド以外への楽曲提供やプロデュースは一切行っていません。


そんな宮本さんが、高橋一生さんからのお願いであればと快諾してくれたそうです。

高橋一生さんへの信頼が伺えるエピソードですね。

高橋一生のデビュー曲に皆の反応は?

ドラマの初回放送の時から、視聴者からは「誰が歌ってるの?」「カッコイイ」と言った声が殺到が殺到していたそう。


高橋一生さんだと分かって、さらに反響が大きくなりました。


・待ってました!
・動画を見たけど、色気がスゴすぎる
・あの美声なら納得


と期待の声が大きいですね!

高橋一生の「君に会いたい-Dance with you」の発売日は?

気になるCDの発売日は、2019年6月5日です。


宮本さんの呼びかけにより、ドラムに屋敷豪太さん、ベースに根岸孝旨さん、ギターに名越由貴夫さんといった一流ミュージシャンが参加しています。


さらに、カップリングには、エレカシの名曲「赤い薔薇」のカバーが収録されているとのことなので、こちらも楽しみですね。


「赤い薔薇」は、高橋一生さんのセレクトで、自身がとにかく歌ってみたかった曲だったそうですよ。


高橋一生さんにとっては、舗装されたコンクリートの上をダッシュで走っていくようなイメージがあるそうで、「君に会いたい-Dance with you」と組み合わせるにあたって、明るくて爽やかなイメージのものを持ってきたかったとのこと。


とにかくエレカシ愛がスゴイですね。


スポンサーリンク

高橋一生は歌がうまい?

高橋一生さんは、1991年の11歳のときに「レ・ミゼラブル」のガブローシュ役で舞台デビューしています。

子役時代から歌う経験をしてきたんですね。


また、俳優として有名になってから、その歌声に注目が集まったのは2017年のTBSドラマ「カルテット」でした。


椎名林檎さん作詞・作曲の大人の雰囲気満載の曲が話題になりました。


松たか子さんと満島ひかりさんの女性陣の声が目立ちますが、よーく聞くと高橋一生さんと松田龍平さんの男性陣の歌声が分かります。


高橋一生さんの歌声は色気があって素敵という声が多かったようです。


こちらに動画のリンクを貼っておきますので、興味のある方は聞いてみてください。

【動画リンク】カルテット主題歌 おとなの掟(YouTubeへ飛びます)
※リンク先動画は管理者の都合で削除される場合がございます。予めご了承ください。


ただ、この曲の場合、メインボーカルではないので、これだけだと歌がうまいかどうか、よく分かりませんよね。

高橋一生さんは、カルテット以外にもテレビやCMなどで歌声を披露しているので、そちらも見ていきましょう。

高橋一生の歌の動画 「からたち野道」

2015年にNHK「スタジオパークからこんにちは」で「からたち野道」を歌っている動画もありました。


【動画リンク】からたち野道 takahashi issei(YouTubeへ飛びます)
※リンク先動画は管理者の都合で削除される場合がございます。予めご了承ください。


顔は可愛い感じなのに、歌声は色気ありまくりの重低音ボイス!

と、ギャップ萌えする女性が多かったようですね!


ちょっと恥ずかしそうに歌う姿も女性を虜にしてしまったようです。

高橋一生の歌の動画 ミスチル「抱きしめたい」

こちらはNTTドコモの音楽配信サービス「dヒッツ」のテレビCM「娘の帰り」篇。


父親役の高橋一生さんが、娘を待つ間、ミスチル「抱きしめたい」を聴きながらアカペラで歌っています。


口ずさむような感じなので、思いっきり歌っているという感じとはちょっと違いますが、きちんと音程も取れていますね。


とりあえず、歌以上にこんなお父さんが待っててくれるシチュエーションが幸せ過ぎます。


スポンサーリンク

高橋一生の歌の動画 AGC(旭硝子)のCM

AGC(旧:旭硝子)のCMでも歌声を披露しています。


AGCへの社名変更を周知するために、2018年6月から同社のイメージキャラクターを務めている高橋一生さん。


その第7弾のCMがこの「瑞風篇」です。



きらきら星のアレンジメロディーに乗せて軽快に歌う高橋一生さん。

声も良くて、ミュージカル調の歌い方で上手ですよね。

高橋一生の歌の動画 エレカシのカバー

CMなどで歌の評判も高かった高橋一生さんですが、 今までのイメージとは全く異なる印象を与えたのが、こちらの「エレファントカシマシ」のカバー。


「俺たちの明日」という曲で「がんばろう」という言葉が溢れる、パワー満載の楽曲。

ボーカルの宮本さんの歌声が心に刺さるこの曲を高橋一生さんがカバーするとこんな仕上がりに。




色気満載のしっとり重低音ボイスどこ行った!!?



ってくらい、振り切りまくってる高橋一生さん。


今までのイメージで聞くとビックリしますよね。

高橋一生さんだって言われなかったら気付かないレベルです。


こんな熱い歌声も出せちゃうんですね~。

高橋一生 歌が下手の声も

歌が上手いという評価も多い一方で、

・そんなに歌上手い?
・声が低すぎる
・ナルシストっぽい歌い方がちょっと・・・
・アイドル路線に疑問

と歌手デビューに疑問や否定の声もあるようですね。


歌が下手という声はあまりないものの、声や歌い方が嫌いなのはどうにもなりませんからね。

これはもう好みの問題ですね。


また、純粋に俳優としての高橋一生さんを応援しているファンの方は、最近のアイドル並みの盛り上がり方に疑問を感じている方もいるようです。


確かに、それなりの年齢ですし、ディーンフジオカさんの二番煎じのよう、と言われるとちょっと否定するのは苦しいところですね^^;


しかし、高橋一生さん自身、憧れの宮本さんプロデュースということもあり、とても楽しそうなので、ご本人が満足しているのなら応援したいなと思います。


実際、「からたち野道」の動画を見たときは、上手い方だけれど、歌手としてはどうかなと感じました。


しかし、今回のデビュー曲やエレカシの「俺たちの明日」のカバーでは、かなり上手いと思います。


歌が上手いって、音程がきちんと取れていることや、声量がある、低音高音がしっかり出る、といった技術的な基準もありますが、やっぱり一番は心に伝わるかどうかということだと思います。


高橋一生さんの場合は、 心に響く歌声をされているので、ポップな曲もいいですが、どちらかというとバラードの方が合うのかもしれませんね。

高橋一生は歌うまい・下手どっち?過去動画や歌手デビュー曲を調査!まとめ

引用元:http://urx.space/mIwU


歌手デビューも決まり、ますます波に乗っている高橋一生さん。


今後は、音楽番組に出る機会も多くなるかもしれませんね。

高橋一生さんの活躍をこれからもチェックしていきたいと思います。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク

関連記事と広告
関連記事と広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする