吉岡里帆の弟が花田優一の弟子だったって本当?フレンチレストランで修行をしていた過去も調査!

吉岡里帆の弟が花田優一の弟子だったことが話題になっています!

過去にはフレンチレストランで修行をしていたことも明らかに。

吉岡里帆の弟が花田優一の弟子になった経緯や、そこで待ち受けていた日々、フレンチレストランで修行をしていた過去についても調査してみました!

スポンサーリンク

吉岡里帆の弟ってどんな人?画像はあるの?

吉岡里帆さんの弟は、吉岡さんの2つ年下で、現在23歳だそうです。

実はこの弟さん、以前に吉岡さんのインスタでツーショット写真が投稿されていたようです。(※現在は、既に削除されてしまっています。)

その際、吉岡さんは、弟が成人を迎えたことに対するお祝いとともに、

「本当に優しくて思いやりのある自慢の弟」
「昔は殴り合いの喧嘩をしていたのに、今では悩みを聞いて貰ったりしている」

と、立派になった弟の成長を心から喜んでいるようでした。

とても仲の良い自慢の弟なんですね。

吉岡里帆の弟はフレンチレストランで料理人見習いをしていた?

そんな、吉岡さんの弟は、2016年には京都市内のフレンチレストランで料理人の見習いとして働いていたそうです。

吉岡さんも、弟の料理人の道を応援していて、当時弟さんが働いていた店を訪れたときの写真がインスタに投稿されています。

View this post on Instagram

弟が弟子入りした フレンチレストランへ。

吉岡里帆さん(@riho_yoshioka)がシェアした投稿 –

レストランで働く前は、調理師学校で勉強していたそうなので、早いうちから料理人の道を目指していて、実際にレストランで修行を始めたということですね。

家族に応援されながら、料理人の道を目指して修行していたはずなのに、靴職人の道に弟子入り??するということは、料理人を目指す中で、何か壁にぶつかってしまったということなのでしょうか?

吉岡里帆と花田優一との関係は?

吉岡さんの弟が、花田優一さんと知り合ったきっかけは、吉岡さんからの紹介だったようです。

吉岡さんと花田優一さんの交友関係は、2017年にテレビ番組「チカラウタ」で共演したことがきっかけだそうです。

竹原ピストルさんの歌の歌詞に共感したことをはじめ、家族を溺愛するあまり「家族にキスをする」なんて共通点もあったそう。

吉岡さんは、お母さんが大好きで顔にキスをすると告白しており、花田優一さんも妹を溺愛していて、キスをしている事が明らかに。

感動するところや、家族を大切に思っているところなどで意気投合し、友人としてプライベートで食事に行く仲になったそう。

家族のことを話しやすい仲だったのかもしれませんね。

吉岡里帆の弟が花田優一に弟子入りしていた?

料理人の道を目指していたはずの吉岡さんの弟は、なぜ靴を作る道に進路変更していったのでしょうか?

理由のひとつとして、姉の吉岡さんが、どんどん知名度が上がり、東京で大活躍している姿を見て、自分も東京で力を試してみたい!と考えるようになったそうです。

花田優一氏に弟を紹介したのは吉岡さんだそうですが、吉岡さんは弟が靴職人を目指すことに反対していました。

確かに、料理人を目指していて応援していたはずの自慢の弟が、なぜか料理ではなく靴を作る!といったら、普通は反対しますよね・・・。

でも東京で力を試すのであれば、靴ではなく、今まで目指してきた料理の道でチャレンジするという考えはなかったのか、そのあたりの心境が気になります。

スポンサーリンク

吉岡里帆の弟は花田優一へのクレーム対応に追われていた!?

東京で活躍したいという思いを胸に、花田優一氏に弟子入りし、靴を作る道を目指し始めたものの、待ち受けていた日々は、そんなキラキラした世界とは真逆の世界だったようです。

仕事は、靴を作るどころか「クレーム処理係」だったそう。

ニュースなどでも、納期になっても靴が届かないなど、顧客からクレームが入っていることが話題になっていましたが、その対応をしていたのが、吉岡さんの弟さんだったといわれています。

ある顧客の方は、靴が届かないということで、返金を求めていたものの、花田優一氏と連絡が取れなくなり困っていたそうですが、そんな中、吉岡さんの弟が代わりに連絡をしていたそうです。

吉岡さんの弟の対応は真面目だったそう。

そんな姿勢を見ているうちに、返金を求めていた顧客の方は、少しずつ、吉岡さんの弟と信頼関係を築いていったようです。

靴が届かず、返金もしてもらえないという話が真実なのであれば、同じ人に振り回されてしまっている者同士、通じ合うのは自然なのかもしれませんね。

顧客の方の話では、吉岡さんの弟が
「弟子入りしたことを後悔するようになっていた」ということをはじめ、「師匠が靴を作っている姿をほとんど見たことがない」「お客さんからのクレームを報告しても、まともに取り合ってもらえない」と話していたそうです。

吉岡里帆の弟は弟子入りから3カ月で靴職人の道を断念していた?

顧客の方は、吉岡さんの弟に弟子を辞めるように勧めたそうです。

しかし、吉岡さんの弟は

「師匠がやっていることは、詐欺と言われても仕方がない。でもここで逃げたら、私も“共犯”になってしまうから、頑張ってお客さんの対応を続けたい」

と語ったそう。

何とか頑張っていたそうですが、やはりこのような環境では長く続かず、弟子入りから3カ月ほどで靴職人の道を断念したそうです。

クレーム処理も立派な仕事ですが、そもそも納期に間に合っていないことや、それに対して返金やスケジュール調整もなされていないのだとしたら、さすがにこの状況で一人で対応するなんて、過酷すぎますよね。

この件について吉岡里帆はどう思っている?

吉岡さんは、弟がそのような辛い日々を送っていたことを知り号泣したそうです。

いくら今まで、仲が良かったとしても、家族がこのようなことに巻き込まれて辛い思いをしていたとなれば、友人関係を続けるのは難しそうです。

吉岡里帆の弟が花田優一の弟子だったって本当?フレンチレストランで修行をしていた過去も調査!まとめ

引用元:http://u0u0.net/PgmZ

いかがでしたか?

吉岡さんの弟が花田優一氏に弟子入りしていたことも驚きですが、そこで待ち受けていた日々も相当なものだったようです。

まだ若い方なので、ぜひ新しい目標に向かって進んでいってほしいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする