スポンサーリンク

 

竹俣紅
引用元:https://bit.ly/2Pbdk4Y

 

竹俣紅の破門はデマだった!


棋士引退理由は何?退会との違いは?


母親と師匠・森内俊之の確執についても調査。


竹俣紅の破門説や引退・退会理由、母親と師匠・森内俊之の確執まで竹俣紅の棋士人生の真相を調査しました。

 

スポンサーリンク

竹俣紅の引退理由は?退会が正しい?

竹俣紅さんは将棋界から引退ではなく退会という道を選んでいます。


引退の場合は、公式戦に出る事はできませんが、日本将棋連盟の正会員としての肩書は残り、プロ棋士として活動することができます。


退会の場合は、日本将棋連盟から脱退となり、プロ棋士としての資格を失うことになるので、完全に将棋界から身を引くことになります。


竹俣紅さんは引退でなく退会しているので、プロ棋士としての肩書も手放しているということですね。

将棋


竹俣紅さんは、決断について自身のブログで語っています。

小学1年生になる少し前、近所の本屋さんでたまたま子ども向けの将棋の本に出合って将棋を始めてから、将棋界にはプロというものがあることを知って、なんとなくプロを目指すようになり、中学2年生でプロになりました。

しかし、まだそのときは自分のなかに「好きなことを職業にするのが良い」という価値観しかなく、自分にその考え方が向いているかどうかや、大人になったときのことについて、あまり深く考えられていませんでした。

好きなことを職業にする生き方ももちろん良いと思いますが、大学に入って、世の中にあるさまざまな価値観に触れたことで、そうではない生き方をしてみたいと思うようになり、将来は別の職業に就きたいと考えるようになりました。

学生である今は、学業を中心に、いろいろなお仕事を経験させていただくことで、新しい職を見つけられたらと思っております。

来年4月からは、外から将棋界を見守っていきたいと思います。
今までも、これからも、ずっと将棋が大好きですのでそれが何か役に立つ日が来たら嬉しいです。

引用元:https://lineblog.me/takematabeni/archives/67302280.html


中学2年生からプロ活動していれば、大人になって違う価値観が生まれるのは当然のことかもしれません。


自分の気持ちと向き合い、しっかりと理由を語っているのは好感が持てますよね。


将棋界は実力主義の世界です。


一生将棋の勉強をし続けなければなりませんし、将棋以外のことに興味が出ても費やす時間なんてなさそうです。


竹俣紅さんは大学に通いながら芸能活動もしていたので、そういった部分で窮屈を感じた部分もあったかもしれませんね。

竹俣紅の経歴は?

竹俣紅さんの経歴についてまとめると


・2008年(小学4年生)に日本将棋連盟主催「第1回駒姫名人戦」で優勝

・2010年から研修会に参加

・「第5回白瀧あゆみ杯争奪戦」で決勝進出

・「第32期女流王将戦」で予選出場 
 →アマチュアの小学生として史上初めて女流タイトル戦の本戦に進む

・2012年3月にC1へ昇級、女流棋士3級の資格を得る

・2012年10月1日『女流1級に相当する成績(女流王将戦で本戦入り)』を満たしているとして女流2級(プロ入り)が内定

・「第23回倉敷藤花戦」でベスト8進出、2015年7月1日付で女流1級に昇格

・2015年度の公式戦が12勝9敗、2016年4月1日付で女流初段へ昇段

・2016年4月より1年間休場 → ワタナベエンターテインメントに所属

・2019年3月31日に現役引退、日本将棋連盟を退会

・通算成績は30勝36敗(勝率0.4545)


小学1年で将棋に興味を持ってから、小学校4年生で頭角を現し、あっという間にプロの道を駆け上がっていますね。


スポンサーリンク

竹俣紅は休場もしていた

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

竹俣 紅(@benitakemata_official)がシェアした投稿

竹俣紅さんは2016年4月(高校3年生)に女流初段に昇段したと同時に、1年間休場しています。


竹俣紅さんの高校は「渋谷教育学園渋谷高等学校」で、東大や早稲田、慶応といった一流大学に進学する人も多い名門進学校です。


休場の理由は、大学入試のためと言われています。


しかし、このときワタナベエンターテインメントと所属契約を交わしています。


そのため、テレビの仕事が理由では?という噂もあるようですね。


日本将棋連盟に許可を得る都合もあるので、学業という形にしていたかもしれませんが、実際のところは大学入試メインとしつつ芸能活動も・・・といった感じだったのかもしれませんね。

竹俣紅に森内俊之が激怒し破門?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yukixgram371375(@y.marrais37)がシェアした投稿

竹俣紅さんは小学校5年生の時に森内俊之名人の元へ弟子入りをしました。


森内俊之名人は、日本将棋連盟専務理事もつとめている方です。


森内俊之名人にとって、竹俣紅さんが初弟子でした。


竹俣紅さんは入門後直ぐに頭角を現し、数々の対局戦で勝利を飾っていたので、師匠も鼻が高かったと思います。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

michir(@nokanans)がシェアした投稿

しかし、そんな森内俊之名人を激怒させ、破門になったという噂がネット上で飛び交ったことがありました。


対局の記録員を行わないことや将棋よりも芸能活動を優先していることが理由だと言われていました。


しかし、この噂はメディアや将棋ファンの間の憶測だそうで、実際には森内俊之名人から破門はされていないとこのこと。


竹俣紅さんは将棋界から退会していますが、退会も師匠に相談した上での結論だったと思います。


フジテレビのアナウンサーにも内定しましたし、今後テレビで対談とかが見れるといいですね。


スポンサーリンク

竹俣紅の両親(父親・母親)はどんな人?

竹俣紅さんは1998年6月27日生まれで、東京都出身です。


ご両親と兄の四人家族。


竹俣紅さんの父親は大きな大学病院の教授だと言われていますね。


母親は専業主婦をしているそうですが、噂によるとかなり美人のようで若い頃の「野際陽子」さんに似ているんだとか。


竹俣紅さんのルックスを見れば母親が美人なのも納得です。


教授の父親と美人で料理上手な母親という恵まれた家庭で育ったお嬢様のようですね。

竹俣紅の母親と森内俊之に確執?

竹俣紅さんの母親と師匠・森内俊之名人との間に確執があると報じられたことがあります。


竹俣紅さんが記録係をすることについて

「うちの子は記録係をするために将棋を指しているんじゃない」


と言ったそう。


将棋の対局では、対局者が記録係に棋譜や残り時間を確認する姿をよく目にしますし、対局中にアクシデントが起こる可能性もあるので、その時に迅速に対応するためにも記録係のような第三者の存在は必須です。


ましてや娘がプロとして活動しているのであれば、そのあたりはよく分かっているはずです。


年中記録係で将棋を指させてもらえない、というのであれば別ですが、そうでなければプロ棋士の親がこんな発言をするとは考えづらいですよね。


引退にまつわる噂の一つといったところではないでしょうか。


スポンサーリンク

竹俣紅 女流棋士時代は年収100万以下?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

竹俣 紅(@benitakemata_official)がシェアした投稿


竹俣紅さんの引退・退会理由として収入面での不安もあったと言われています。


女流棋士の賞金ランキングは基本的に非公表ですが、女流棋士の強さランキングに用いる『レーティング』というシステムから2018年の上位の方の年収を推測すると


1位 里見香奈・女流四冠 → 推定1500万円

3位 加藤桃子・奨励会初段 → 推定584万円


くらいではないかと言われています。


1位でも推定1500万円なので、男性棋士に比べるとかなり安いことが分かります。


3位ですでに1位の半分以下ということを考えると『多くの女流棋士が年収100万以下』という話は信憑性が高そうです。


女流棋士が将棋1本で生活していくのは茨の道。


竹俣紅さんが大学進学や芸能活動、そしてアナウンサーを目指したのも収入面を考えれば当然かもしれませんね。

竹俣紅の退会に将棋ファンは?

竹俣紅さんのプロ棋士退会について、メディアでは『将棋ファンが怒っている』といった否定的な意見が多いようです。


ネットの声を見てみると


女流棋士の待遇についての理解やセカンドキャリアを応援する声も多いようですね。


退会によりプロ棋士としての肩書が無くなってしまったことは残念ですが、将棋が強すぎるアナウンサーとしての活躍を楽しみにしている方もたくさんいます。


スポンサーリンク

竹俣紅の破門はデマ!引退理由や母親と師匠・森内俊之の確執説の真相【まとめ】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

竹俣 紅(@benitakemata_official)がシェアした投稿


2021年にフジテレビにアナウンサーとして入社することが決定している竹俣紅さん。


最近の女子アナは肩書がスゴイ人が多いですが、とうとう元プロ棋士まで。


竹俣紅さんの女子アナとしての活躍を応援していきたいと思います。


2019年入社のフジテレビアナウンサー藤本万梨乃さんについてもまとめています!


↓ ↓ ↓ ↓


藤本万梨乃の高校や東大受験エピソード



最後までご覧いただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク