和田アキ子の目が違う!現在や眼瞼下垂手術の失敗説や病院も調査!

スポンサーリンク

  引用元:http://urx.red/UByu

和田アキ子さんの目が違うと話題に!目が違う理由は眼瞼下垂だった!現在の様子や手術失敗の噂、整形の可能性もあるって本当?気になる病院も調査!和田アキ子さんの目が違う理由、現在や眼瞼下垂手術の失敗説や病院、シェーグレン症候群や黄班変性症の悩みまで徹底調査!

スポンサーリンク

和田アキ子の目が違うと話題に!

芸能界のご意見番といえば和田アキ子さん。


そんな和田アキ子さん、2018年の12月頃から目が違う感じがすると、ネット上でも話題になっています。


TBSで放送されている「アッコにおまかせ」を見ている視聴者も驚いていました。


以前、和田アキ子さんはテレビの企画で目の検査をしたことがありますが、その時に目がドライアイだと診断されています。

ドライアイは目に潤いが少なくなって乾いてしまう症状で、パソコンやスマホなどの見すぎやホルモンバランスの崩れなどても発症することがあるといわれます。




また、有名人はテレビに出るときはプロのメイクさんに化粧をしてもらっているので、プロの手により見た目もかなり変わりますよね!

ただ和田アキ子さんの目の変化は、ドライアイや化粧の影響にしてはかなりの変化ですし、病気など他の理由が関係している可能性が高そうですね。

和田アキ子の目 現在(2019)はどうなっている?

一時期は目が腫れていてかなり小さくなっていた印象でしたが、2019年の最近は落ち着いてきているようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

和田アキ子さん(@ako50th)がシェアした投稿


以前とは目の印象が違うものの、そんなに小さい印象はありませんよね。


アッコにおまかせに出演した姿を見ると、二重がくっきりしているなという感じはしますが、2018年の一時期に比べると自然な感じがします。




スポンサーリンク

和田アキ子が眼瞼下垂の手術を報告

視聴者も驚くくらいに目が小さくなっていた理由は、目の手術のためであったことを2018年12月に和田アキ子さんご自身がラジオで語っています。


数年前から目の異変を感じていたそうで、視野が狭くなっているのを自覚するほど悪化していました。

眼科で診察を受けたところ年齢などによる視力の低下ではなくて、眼瞼下垂によりまぶたが下がってきているため、黒目が隠れてしまい視野が狭くなっていると指摘されたといいます。


視野を広げるための手術を以前から勧められていたそうですが、テレビ出演もある中、目の腫れを考慮して手術を先延ばしにしていたそう。


何とか手術をせずに頑張っていたものの、無理やり目を開けようとすることで頭痛にも襲われかなり辛い状況だったようですね。


片目だけなら眼帯をするなどの手段もありますが、両目の手術だとそういうわけにもいきませんよね。

和田アキ子さんの場合アッコにおまかせの生放送もあるので、こういう時芸能人って本当に大変な仕事だなと思います。


ただ、さすがに頭痛が止まらなくなったことに耐えきれず、思い切って手術に踏み切っています。

手術をしたのは2018年11月なので、目が違うと騒がれていた2018年12月は手術直後ということになりますね。


手術して間もないうちのテレビ出演だったため、まだ目が腫れていてかなり違和感が目立ってしまいました。

和田アキ子の眼瞼下垂とはどんな病気?

和田アキ子さんが公表した眼瞼下垂ってどんな病気なのでしょうか?

眼瞼下垂とは、目を開いたときに上まぶたが下がってしまい、黒目に当たる部分が隠されてしまう状態を指します。垂れ下がった上まぶたにより目の一部が覆われることになるため、視野が狭くなるといった機能障害をもたらすことがあります。

眼瞼下垂は生まれつきみられることもあれば、加齢と共に生じることもあり、タイミングや原因によっては、弱視や複視などといった機能障害を併発することもあります。

引用元:http://ur2.link/TWun


先天性のものと後天性のものと両方あるということですね。

普通に目を開けているのに視野が狭くなってしまうと、歩いていて誰かとぶつかったり、ましてや運転など非常に危険です。

さらに、まぶたを無理して見開こうとすることで、頭痛や肩こりにもなってしまうのは相当しんどいですね。


和田アキ子さんの場合は、数年前から目の異常を自覚しているので、加齢やホルモンバランスの乱れなど後天性のものだと思います。


適切な治療をすれば改善するとはいえ、隠すわけにもいかない部位ですし、仕事の都合も考慮しないと難しいですよね。

芸能人はもちろん、一般人でも手術のタイミングの検討が必要ですね。

スポンサーリンク

和田アキ子 目を整形する可能性も?

2018年に眼瞼下垂の手術をした後はかなり目が腫れていましたが、さすがに最近は腫れも収まり、目の違和感もだいぶ少なくなった印象ですよね。


しかし和田アキ子さんご本人は手術後の目の違いにかなりご不満なよう。



「ものすごい変な目になった」
「もうちょっと…今年いっぱいこれだったら、来年、整形しようと思って」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000061-dal-ent


と、目が現状のままだったら整形する可能性もあると発言しています。


見た目以外については症状が改善し納得している和田アキ子さんですが、やはり女性として、テレビに出る芸能人として、見た目だけはどうしても納得がいってないようですね。

和田アキ子 黄班変性症も発覚

見た目に不満だった和田アキ子さんですが、今年の3月には目の網膜に血液と水が溜まる「黄班変性症」も発症していることが明らかとなりました。

眼瞼下垂の手術後、左目の視力だけがどんどん落ちているような気がして医師の診療を受けたところ、左目が「黄班変性症」であると分かったそうです。


これは加齢によるもので、完治するものではなく

「今は感染症にならないように目薬を1日4回さすんです。これは完治しないんですって。進行させないようにするだけ。また来週水曜日に病院に行って、1カ月みて、(症状が悪いままならば)目に注射して手術とかね」

引用元:https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/09/0012130526.shtml

と語っています。


目に注射ってかなり怖いですよね!

もちろん麻酔をかけるので痛みはないそうですが、治療をずっと続けていかなければならないのは辛いですね。


眼瞼下垂による見た目の変化だけでなく、また別の悩みができてしまったようです。

スポンサーリンク

和田アキ子の目 眼瞼下垂手術は失敗?

眼瞼下垂に悩む人は非常に多いそうですが、和田アキ子さんが公表したことで認知度が高まり、もしかして自分もそうかも?と気づくきっかけが増えたのは良いことですよね。


ただ、一方で和田アキ子さんの目の変化のイメージが強いようで、医師に手術を勧められても躊躇する人が増えているそうです。

確かに和田アキ子さんが目が小さくなった、何かおかしいと騒がれているのを見ると、同じ手術を受けるのは抵抗を感じてしまうのも無理はありません。


一般的に眼瞼下垂の手術後に腫れが落ち着くのは2週間後くらいで、完全に腫れが収まるのは3ヶ月~半年後とされています。


和田アキ子さんの場合、目が腫れていた期間が通常よりも長かったことで、手術をしたら腫れがなかなか引かないのでは?というイメージが強くなってしまったようですね。


さらには、眼瞼下垂の手術は失敗だったのでは?とまで言われてしまっています。

ただ、現在の目を見ると、ご本人はかなり気にしていたようですが、いち視聴者としてはそこまで不自然には思いません。


症状の具合も手術の経過も個人差があるので、全てにおいてすぐ手術した方が良いとは思いませんが、やみくもに失敗と判断するのは危険かと思います。


視野が狭いことで大きなケガをしてしまう危険、目の筋肉に負担をかけて頭痛や肩こりに悩むこと、そして見た目の変化を医師としっかり相談して決断したいですね。

和田アキ子が目を手術した病院は?病院選びのポイント

和田アキ子さんが目を手術した病院がどこなのかは公表されていません。

でも、できる事なら腕の良い医師に手術してほしいと誰しも思いますよね。


そこで、病院選びのポイントについて調べてみました!




目の手術って他の部位の手術以上に恐怖を感じますし、神経質にもなると思います。


まずは、かかりつけの医師にオススメの病院を紹介してもらうというのが一つの選択肢です。

もし自分で選ぶ場合は

・受ける手術の症例数が多いこと
・病院に在籍している医師の数が多いこと

を意識すると良いそうです。


その手術の実績が多くて、一人ひとりにしっかり時間をかけてくれる病院ならかなり安心できますね。

スポンサーリンク

和田アキ子 シェーグレン症候群にもなっていた

2018年に「眼瞼下垂」、2019年に「黄班変性症」と目の病気に悩まされている和田アキ子さんですが、実は2016年に別の病気にもなっていました。


それが「シェーグレン症候群」という病気です。


あまり聞き馴染みのない病気だと思いますが、体内の免疫システムが誤って自分の正常な細胞を攻撃してしまう病気

・目や口などの粘膜が乾燥しやすい
・唾液腺の腫れと痛み
・全身の疲労感

といった症状が出る難病です。


和田アキ子さんの場合は、特に唾液が出にくい症状が強かったようで、常に水は手放せないというくらい水分不足の状態だったそう。


テレビ収録や歌手として活動する上で、とても辛い症状です。

特定の治療法はなく、医師の診断を受けながら生活習慣の改善をしていくそうです。


日本では年間約2万人が「シェーグレン症候群」を発症していて、病状から風邪と勘違いしてしまうこともよくあるそうです。

ほかにも抜け毛が多くなったり、喉の乾きが激しい場合も要注意で、涙を出す器官の涙腺を攻撃してしまうのでドライアイになるリスクも高まるといいます。


生活習慣やストレス、遺伝的なものなど原因は人それぞれ。

誰にでも起こりうる病気です。


生活習慣やストレスなどは、他の病気の要因にもなるので、少しずつでも改善を心がけていきたいですね。

和田アキ子の目が違う!現在や眼瞼下垂手術の失敗説や病院も調査!まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

和田アキ子さん(@ako50th)がシェアした投稿


和田アキ子さんは眼瞼下垂以外にも様々な目の病気と闘っていたことが分かりましたね。

芸能界の大御所としていつもパワフルな和田アキ子さんですが、長年の芸能生活で不規則な生活や多くのストレスも抱えていると思います。


満身創痍でボロボロになりながらも、テレビではそれを感じさせない姿はさすがプロ!


目や身体の健康を大切に、これからも芸能界のご意見番として活躍していってほしいと思います!


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事と広告
関連記事と広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする