精油(エッセンシャルオイル〉紹介
~オレンジ・スイート~

スポンサーリンク

甘くフレッシュ!爽やかで元気の出る香り!
大人にも子供にも大人気! 

オレンジの香りといえば、子供から大人まで誰もが知っている香りですよね!
万人受けする香りの代表格ではないでしょうか?

「アロマに興味はあるけれど、どんな香りを使ったらよいか分からない」とお悩みの方に、おすすめ♪

普段から馴染みのある香りなので、抵抗感なく使用することができますよ!

フルーティーで爽快な香りは、元気でスカッと爽やかな気持ちにしてくれます。

女性はもちろん、男性や子供にも人気の香りなので、家でアロマを使いたいけれど、家族がいるから・・・と気にする必要もありません。

家族みんなで楽しめる香りですよ!

オレンジの歴史

オレンジの木は、アジア南東部が原産で、16世紀ごろヨーロッパに渡り、現在ではブラジル、イスラエル、アメリカなどで生産されています。

オレンジの果皮を乾燥させたものは、陳皮(ちんぴ)と言われ、漢方としても利用される貴重なものです。中国では幸運と繁栄の象徴にもなっています。

オレンジの香りは、日本はもちろん、世界中で広く親しまれている香りで、香料として食品や飲料、化粧品など幅広く利用されていますよね。

心への影響

心をオープンに、前向きで元気な気持ちにさせてくれる香りです。

完璧主義になりがちな方にオススメ。明るく爽やかな香りでリラックスへと導いてくれますよ。

また、ストレスによる食欲不振や眠れない状態が続いたとき、自己嫌悪に陥ってしまっている時にもオススメです。
オレンジの香りを嗅ぐことで、パワーに満ち溢れた元気なイメージが連想され、心を元気づけるとともに、気分を解放してくれます。

身体への影響

胃腸の蠕動運動を促して、消化液の分泌を活発にしてくれる働きがあるので、便秘や過敏性腸症候群、腹部の膨満感などを感じるときに、役立ってくれます。

また、血行を促してくれる作用もあるので、冷え性や肩こりなどにお悩みの方にもオススメです。
肩こりや筋肉痛などの場合は、「ローズマリー」や「ラベンダー」と組み合わせて使うのも、非常によいですよ。

肌への影響

ニキビや毛穴の広がりが気になる方、脂性肌の方にオススメです。

また、毛根を刺激することで、育毛にも役立ちますので、手作りシャンプーなどに利用するのも良いですね。

老廃物が滞り、皮膚表面がオレンジの皮のようになる、セルライトの予防やケアにも役立ってくれます。

皮膚刺激に注意

柑橘系の精油は、高濃度で使用すると皮膚に刺激を感じる場合があります。

身体や顔に塗布する場合は、植物油で十分に希釈してから、使用するよう気を付けましょう。

また、皮膚に痒みや刺激を感じた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

家族みんなで楽しく使える香り!

子供も大人も、男性も女性も、年齢関係なく親しまれている香りなので、家族みんなで楽しむことができます!

リビングで香りを楽しんだり、キッチンで消臭スプレーとして利用したり、お風呂に入れて楽しむこともできます。

他の香りと組み合わせて楽しみやすいのも魅力ですので、アロマテラピーをこれから始めてみよう、という方は手に入れておいて間違いのない1本です♪

関連記事と広告
関連記事と広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする