精油(エッセンシャルオイル〉紹介
~カモミール・ローマン~

スポンサーリンク

甘く優しい香りにほのかな酸味を感じる香り
カモミールティーとしてもお馴染み

カモミールは、化粧品にもよく使われていますし、ハーブティーとしても有名ですよね。

優しく穏やかで、甘味とほのかな酸味のある香りは、心をやさしい気持ちにしてくれます。「りんごのような香り」と表現されることもあります。

カモミールの花は、可憐で可愛いらしいイメージの中に、野生のたくましさ、芯の通った強さのようなイメージもありますが、そのイメージが香りにもよく現れています。

「逆境に負けない強さ」という花言葉もまさにイメージにピッタリですよね。

カモミール・ローマンの歴史

カモミールの語源は、ギリシャで「大地のりんご」を意味する「カマイメロン」と言われています。

その歴史は古く、古代エジプトでは太陽神ラーに捧げる植物としても使われていたそうです。

心への影響

心を鎮めて落ち着かせ、安心させてくれる香りです。

突然のショックや悲しみなど、大きな精神的ダメージを受けたときに、心を落ち着かせて、安定へと導いてくれます。

中枢神経を鎮静する作用があるため、興奮状態になっているときや、極度な不安状態など、気持ちが極端になっているときに、外からの刺激をいったん遮断することで、気持ちを落ち着かせるのに役立ちます。

過剰なストレス状態のときに、気持ちをクールダウンさせるために、サイプレスやラベンダーなどと合わせて使うのもおすすめです。

PMS(月経前緊張症)や更年期などで、気持ちが不安定なときにも有効です。優しく気持ちを安定へと導いてくれますよ。

身体への影響

痛みを鎮静させ、炎症を抑えてくれる作用に優れているので、植物油で希釈して、痛みや痙攣、炎症などの箇所に塗布して利用することができます。

また、消化不良や胃腸の不調などには、レモンやオレンジ、スイートマジョラムなどとブレンドして、優しくお腹をマッサージしながら、塗布するとよいですよ。

胃腸の調子が悪いときは、マッサージに加えて、ハーブティーである、カモミールティーを一緒に飲むのもオススメです。

肌への影響

炎症を抑えてくれる作用があるため、アレルギー性の皮膚炎や、かゆみの緩和に役立ちます。

敏感肌の方をはじめ、あらゆる肌質に使用することができます。

ラベンダーと合わせて使うのもおすすめですよ。

日常のスキンケアとして、取り入れると、リラックスしながら優しく肌をケアすることができます。

子供から高齢者の方まで、安心して使える精油です。

優しく穏やかな香りで、落ち込んだ気持ちをケアしてくれます

ラベンダー同様、カモミールも化粧品などの成分でよく利用されています。

お花が原料ではありますが、ローズやジャスミンのような、強くてくっきりとした香りではなく、少し控えめで優しいイメージのある香りで、女性に人気のある香りです。

落ち込んだ時に、そっと寄り添って元気づけてくれるような香りなので、セルフケア用として利用するといいですね。