上沼恵美子の激怒報道の芸人の動画は?松本人志や島田紳助も怒り!

スポンサーリンク


「M-1グランプリ」をめぐる上沼恵美子さんの激怒報道が話題です!問題となった芸人の動画は?松本人志さんや島田紳助さんも怒りのコメントを発表しています!上沼恵美子さんの激怒報道の芸人の動画や、詳細、松本人志さんや島田紳助さんのコメントまで調べてみました!

スポンサーリンク

上沼恵美子の激怒報道!芸人の暴言

芸人にとって、まさにスターへの道ともいえる、漫才師の日本一決定戦

「M-1グランプリ」

すでに知名度のある芸人の方はもちろん、今回も新たなスター誕生を期待して、2018年12月2日に「M-1グランプリ 2018」が開催されました。

しかし、そこで審査員を務めていた、お笑いタレントの上沼恵美子さんに対し、一部の芸人が動画で暴言を吐いたことで、大変な騒動となってしまいました。


事の発端は、「M-1グランプリ」終了後の打ち上げでの出来事。

昨年優勝し、一躍売れっ子となった「とろサーモン」の久保田かずのぶさん。
2018年のファイナリストになった「スーパーマラドーナ」の武智正剛さん。


この二人が、打ち上げの様子を、インスタライブで配信しましたが、その中で、大先輩である上沼恵美子さんに対し、とんでもない発言をしてしまいました。


審査員の上沼恵美子さんの審査方法について

「自分の感情だけで審査せんといてください」

などの不満をぶちまけているのですが、お酒が回っていることもあり、さらにエスカレート。

「アンタのことだよ!」
「オバハン」
「おまえだよ、分かんだろ。右側のな、クソが!」
「更年期障害か?」


など、目上の方に対して、もはや審査うんぬんを通り越した暴言の数々。

たとえこれが、後輩の人に対してだったとしても大問題です。

ましてや、これが大御所の上沼恵美子さんへの発言だったことから
大炎上する事態となってしまいました。

上沼恵美子の激怒報道 動画は?

こちらが問題となっている発言動画です。



芸人として、気に入られることもあれば、嫌われることもあり、苦労も不満を抱えることはもちろんあると思います。


でも、それはどんな世界でも一緒ですよね。

サラリーマンだって、飲み会で上司への不満ばかりの人はたくさんいますし。


しかし、お酒が入っている勢いとはいえ、なぜこれを配信してしまったんでしょうか?

炎上狙いにしても、あまりにもリスクが大きすぎます。


度々炎上することで話題の、ウーマンラッシュアワーの村本さんが、高須院長に噛み付くようなレベルとは訳が違いますよね。

(あちらはお互い分かってやり合っている気がしますが・・・。
 何だかんだで仲良しなんじゃないかと思ってます。)

スポンサーリンク

上沼恵美子の激怒報道に対し批判殺到

この一連の騒動を見た人たちからは、当然のごとく批判が殺到しました。

「次の人生を考えた方が良い。」

「吉本が謝罪したところで、あのひどい態度やひどい言葉は消せない。とろサーモンは王座剥奪、久保田と武智は芸能界追放を吉本が決断してほしい。」

「冗談抜きでこれで2人の芸人人生が終わってもおかしくないと思う。」
「上沼さんの点数が気に入らない様ですが、それも審査の内では?」

「想像以上にひどい発言に驚いた!」
「完全にチンピラですね。」

ほとんどの方が、全て含めての審査なので、それに不満を言うのはおかしい。
せめて言うなら内輪だけにしておけば・・・といった意見が多いようです。

しかし、中には、暴言そのものは許されるものではないとしつつ、


「上沼恵美子さんがなぜそんなに偉い方なのかよく分からない」
「とろサーモンは面白いのになぜ評価されなかったのか?」


といった、上沼さん自身の面白さや威厳に疑問を持つ方や、とろサーモンの面白さを評価してほしいという意見もありました。


確かに、上沼恵美子さんの漫才の姿をリアルタイムで知らないこともあり、このような意見がでるのも不思議ではないですよね。


実際、上沼恵美子さんのM-1での審査について、贔屓があるのでは?自分の趣味では?という声が出ているのも確かです。

>>上沼恵美子 M-1での贔屓・酷評コメントはこちら!


しかし、いくら不満が爆発していたとはいえ、その場で反論するならともかく、更年期など漫才と全く関係ない部分で否定するような言い方は、やはり問題ですよね。

上沼恵美子 激怒報道に対してコメント

炎上騒動に巻き込まれる形となった、上沼恵美子さんご本人はどのように思っているのでしょうか?

これだけのことがあれば、怒るのも仕方ないかと思いきや、上沼恵美子さんご本人は
たいして気にされていないよう。


「激怒している」という形で、メディアに取り上げられたため
ご本人よりも周りのボルテージのが高くなってしまっていたということです。

2018年12月10日に、上沼恵美子さんのマネージャーの方が
激怒報道はデマであり、意にも介していないと取材に応えています。


上沼恵美子さんは、騒動の一週間後、「上沼・高田のクギズケ!」に出演し、騒ぎになっていることを受け、番組冒頭で以下のコメントをしています。

「私、ネットとかまったく知らなくて、疎くて。アナログ女で申し訳ないんですけど。先週、M−1グランプリをやりました。なんか炎上してすごいことになっているらしいんですよ」

「少しだけ言わせていただくと、私はえこひいきはしませんし、審査を何度もやらせていただき、本当に真剣に審査をさせていただいている。間違いなく、私の審査意見です」

「まったく何とも思っていません。暴言だなんだなんてぜんぜん結構です」

引用元:http://urx.space/veJn

といつもの調子で笑顔で説明。

そして、最後にとどめのセリフ

「悪いですけど、(2人に)興味がないです」

引用元:http://urx.space/veJn

と、「ゴメンね☆」的な感じで、両手を合わせるポーズを見せて、スタジオは笑いに包まれました。


騒動をこれ以上広げないためのコメントにも見えますが、上沼恵美子さんといえば、いつも芸人どころか、タレントや大物女優、演歌歌手まで、嫌いな人に対しては、あの人は◯◯だから嫌い!

とはっきり言う人です。

スタジオでは実名を言って共演者も驚いていますし。
(オンエアでは、もちろんピーですが。)

そんな方が、興味がないと言うことは、もう本当に興味がないということなんだなと思います。


興味がないって、ある意味、嫌いと言われるより強烈な仕打ちかもしれません。

例え怒りの感情だったとしても、嫌いということは、その人のことを考えています。


しかし、興味ない = 考えることすらしてもらえない

ということなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

上沼恵美子 激怒報道に対し謝罪もお断り

「興味がないです」

と、コメントした上沼恵美子さん。


とはいえ、周りは謝意を示すべく、とろサーモンとスーパーマラドーナが所属する「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」は、2018年12月5日に上沼さんに謝罪をしています。

社員の不祥事に対し、社として謝罪を入れるのは当然ですよね。
芸人に限ったことではありません。

そして、もちろん当の本人である、とろサーモン久保田さん・スーパーマラドーナ武智さんからも、対面で謝罪をする機会がほしいと願い出ましたが、

こちらに対しては、上沼恵美子さんサイドは

「そんなことまでしていただかなくても結構です」

と謝罪の申し入れを丁重に断っていたそうです。


これを見ると、そんなわざわざご足労頂かなくても・・・というより

「本当に興味がない」から、もうこれ以上余計なことに時間を取りたくない

という印象に見受けられました。


二人が発言後、どのくらいの謝意を持っているかは分かりかねますが、謝りたくても謝る機会を与えてもらえない、自業自得ではありますが、一番苦しい対応なのではと思います。

上沼恵美子 激怒報道に松本人志は?

上沼恵美子さん同様、「M-1グランプリ」で審査員を務めるダウンタウン・松本人志さん。


今回の騒動について『ワイドナショー』で

「上沼さんという人がどれだけの人か、本当にわかっていない。勉強不足だし、勉強が不足しているということすら勉強できていない」

と厳しいコメントをしています。


『ワイドナショー』で普段発言するときは、批判もするけれど、批判される相手側の立場も考えた上で、ここが問題ではないか?という意見を言うことが多い松本さん。


今回はまさにバッサリ。


コメントから分かる通り、松本さん自身も、上沼恵美子さんを本当に尊敬しています

今回の発言は、尊敬する人に対する侮辱以外の何物でもなかったようですね。


スポンサーリンク

上沼恵美子 激怒報道に島田紳助は?

島田紳助さんといえば、すでに2011年に芸能界から引退している身ではありますが、大御所の方でした。


そして「M-1グランプリ」の創設者であり、審査委員長を務めていた方です。

引退において、「M-1グランプリ」をダウンタウン・松本人志さんに後をたくしていきました。


島田紳助さんは、若手時代に上沼恵美子さんが漫才コンビ「海原千里・万里」として
活躍していた頃から、心底尊敬していたそうです。

当時は、漫才のせりふを一字一句すべて書き出して、話術を研究していたなんて話も。


それ故に、上沼恵美子さんに対し「M-1グランプリ」の審査員になってほしいと、自らお願いし、審査員席に座ってもらうことになった経緯があります。


自らが生みの親である「M-1グランプリ」で、自らが尊敬して審査員をお願いした上沼恵美子さんが、後輩芸人に暴言とも取れる発言をされたという事実。

引退した身でも、さすがに黙っていられず、このような発言をしています。

「ホンマ申しわけない気持ちでいっぱい」

「オレが謝りに行かなあかんのかなって。もし、上沼さんの悪口言ってた子たちを直接知ってたら、上沼さんとこに謝りに連れて行くんやけど、知らんからどうしようもないな」

引用元:http://urx.space/UZJD

謝罪はいらない。興味もない。

と言われた二人には、まさに生き地獄とも言える状態。


もし、島田紳助さんと接点があれば、上沼さんにコンタクトを取って謝罪する機会を、本当に作ってくれたんだろうと思います。

しかし、それができないことで、島田紳助さんも非常に残念そうに語っていたそうです。

上沼恵美子 激怒報道に立川志らくも苦言

上沼恵美子さんとともにM-1グランプリの審査員をつとめる立川志らくさん。

そんな立川志らくさんも、ダウンタウンの松本さんや島田紳助さんと同じく、上沼恵美子さんがいかにスゴい人なのかを語っています。

テレビ番組にゲスト出演した際、上沼恵美子さんについて

「上沼恵美子さんってのは、(海原)千里万里、伝説の漫才師。あの方の漫才のスタイルがあったから、(島田)紳助竜介が出来上がって、ダウンタウンが出来上がった、っていう、歴史を知ってたら、『オバハン』なんて言えない。上沼さんがいなかったら、今のダウンタウンのスタイルはできてないかもしれない」

「(しかも)女性で、っていうのは素晴らしいこと。その人に向かって『オバハン』『好き嫌いなんかで選んで』って、言っちゃいけない」

引用元:http://urx.nu/qWtp


と例の暴言を批判しています。


松本人志さんが、勉強不足だと批判していた理由はまさにこの事だったんですね。


上沼恵美子さん(海原千里・万里)をリスペクトし、その話術を一言一句研究した島田紳助さん。

そんな島田紳助さん(紳助・竜介)をリスペクトし、漫才のテープをひたすら聴いていた松本人志さん。


歴史を見ると、松本人志さんにとって、上沼恵美子さんという存在はとんでもない存在だということがよく分かりますね。


そんな上沼恵美子さんに若手芸人が暴言・・・。
ちょっと鳥肌では済まないレベルですね。


松本さん、島田紳助さんが自ら謝罪を考えるのも無理はありません。


”怖いもの知らず”とはまさにこういう事ですね

上沼恵美子の激怒報道の芸人の動画は?松本人志や島田紳助も怒り!まとめ


引用元:http://urx.space/wD0P


いかがでしたか?

審査する側とされる側、どちらも人間なので、好き嫌いがありますが、審査する側は、嫌われることも覚悟で、審査員席に座っているといいます。

お笑いへの恩返しだと言っています。

そんな並々ならぬ覚悟で、審査し、挑戦する人たちの場。

真剣勝負の場において、開催後とはいえ、幼稚な暴言で不満をぶちまけるのは、大人げないと見られても仕方ありませんよね。

不満があっても飲み込んで、次の実績に変えていく努力をしていかなければと、教訓にもなった気がします。


今回、騒動に巻き込まれてしまった上沼恵美子さん。

M-1で芸人相手にバッサリだけでなく、嫌いなタレントや女優に対しても歯に衣着せぬ暴露トーク全開です!

さすが、大御所の方だけあって、消える芸能人もすぐ分かるようです。


>>上沼恵美子が激怒したタレントKについてはこちら!


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする