カヌー羽根田卓也(ハネタク)の結婚や彼女は?筋肉までイケメン!

カヌー羽根田卓也(ハネタク)選手といえばイケメンでトーク上手で「ハネタク女子」もいるほど大人気!そんな羽根田卓也選手の結婚や彼女は?また筋肉美や私服などインスタ画像も人気です!カヌー羽根田卓也(ハネタク)の結婚や彼女、筋肉美や私服などインスタ画像を調査!

カヌー羽根田卓也(ハネタク)の経歴は?

「ハネタク」の愛称で親しまれている、カヌーの日本代表選手の羽根田卓也さん。

そのイケメンなルックスと軽快なトークで女性を中心に大人気です。


「ハネタク」の名付け親は、あのマツコ・デラックスさん。

「マツコ&有吉の怒り新党」で取り上げられた時に「可愛い~」とマツコさんがメロメロになり、付けられたそうです。


イケメンな見た目に注目が行ってしまいますが、もちろんカヌー選手としての実力もスゴイんです!


カヌーを始めたのは子供の頃からでしたが、才能が開花したのは高校生のとき。

高校3年生ながら、日本選手権制覇という実績を残しています。


しかし、日本においてカヌーはまだまだ発展途上の競技。

カヌー選手として実力を付けるために、羽根田卓也選手、何と高校卒業後に単身でカヌー強豪国であるスロバキアに渡っています


現地のコメンスキー大学・体育スポーツ学部に入学→大学院まで修了と本格的なスロバキア生活に。


強豪国で着実にカヌーの実力を付けた羽根田卓也選手でしたが、2008年の北京五輪では予選14位、2012年のロンドン五輪では7位入賞、とメダルには届かずにいました。


しかし、2014年の世界選手権では5位、2015年の五輪テスト大会で銀メダルと徐々に頭角を現し始め、2016年のワールドカップでは日本人初の3位という成績。


そして、ついに2016年のリオ五輪にて、日本人初の銅メダルに輝きました。


カヌー競技で始めてのメダルとあって、盛り上がりましたよね!


高校を卒業し、オリンピックメダリストに至るまで長い道のりを一歩ずつ着実に乗り越えてきたんですね。

カヌー羽根田卓也(ハネタク)の筋肉がスゴイ!

「ハネタク女子」なるものも現れるほど、女子に人気の羽根田卓也選手。

筋肉の美しさでも女性を虜にしていますね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

皆さん、リオ五輪中のわたしの体内水分のほとんどがココナッツウォーターだった事はご存知ですよね。

羽根田 卓也さん(@takuya_haneda)がシェアした投稿 –


胸筋スゴっっ!!

上半身の筋肉がとんでもないことになっていますね。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Day off.

羽根田 卓也さん(@takuya_haneda)がシェアした投稿 –


カヌー選手なので鍛えるのは当然ですが、この完成度は惚れ惚れしてしまいますね~。


それにしてもココナッツジュースめちゃくちゃ似合う。

カヌー羽根田卓也(ハネタク)のインスタ画像がオシャレ

筋肉美だけではなく、私服姿もオシャレと話題の羽根田卓也選手。

インスタも人気です!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本食が恋しくなってもダイジョー✌️

羽根田 卓也さん(@takuya_haneda)がシェアした投稿 –


迷彩柄もスマートに着こなせる男、羽根田卓也。


こちらはカフェでの一コマ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

風がふいた 白だった

羽根田 卓也さん(@takuya_haneda)がシェアした投稿 –


カフェで物憂げに・・・と思いきや「風がふいた 白だった」って??

いやいや、一体どこ見てたの!?(笑)


こんなお茶目な発言も人気の理由なんです。

スポンサーリンク

カヌー羽根田卓也(ハネタク)の年収が気になる!

羽根田卓也選手は、子供服の有名ブランド「ミキハウス」に所属しています。


ミキハウスの平均年収は350万ほどだそうです。

オリンピック選手としての優遇があるとすると、450万円くらいかもしれませんね。


さらに企業の給与だけではなく、カヌーの大会での賞金も加わります。

国内大会だと優勝すると20万円前後と言われていて、オリンピックなら金メダル100万、銀メダル50万、銅メダルで30万くらいの賞金だそう。

賞金含め、年収は500万~600万くらいなのではないでしょうか。


金メダルでも100万というのはちょっと少ない気もしますが、メダリストになり知名度が上がれば、CM や商品のイメージキャラクターなどスポンサーが付いて、一気に数百万単位の収入を得ることもあると思います。

実際に「JAL、アディダス、ポルシェジャパン、資生堂」など有名企業との契約もあるようなので結構な収入になっているのではないでしょうか。


さらに銅メダル獲得後は、テレビなどメディア出演もグッと増えたので、こういった臨時収入も多いと思います。


今でこそ「ミキハウス」に所属し、他の有名企業からも注目される羽根田卓也選手ですが、スロバキアから帰国した直後は中々スポンサーが見つからず相当苦労されたようです。


アスリートは国内はもちろん、国外への練習・大会出場の遠征に相当な費用がかかります。

しかし、カヌーは日本ではマイナー競技だったので、オリンピックで入賞してもメダリストでない限り知名度も低く、スポンサーを名乗り出る企業はなかったんですね。


羽根田卓也選手は、そのような中、自ら企業にスポンサー依頼をしたそうです。


やっとの思いの中「ミキハウス」が救ってくれたんですね。

「ミキハウス」のバックアップを受けたことで、日本でカヌーを続けていくことができたんですね。


「ミキハウス」の先見の明は素晴らしいです!ありがとう!ミッキハウス!

カヌー羽根田卓也(ハネタク)は結婚してる?彼女は?

イケメンで面白トークも出来ると、メディア適応力も抜群に高い羽根田卓也選手。


「カッコイイ」「可愛い」
と女性人気が止まりません。

(可愛い~の筆頭はマツコさん。笑)


そうなると、やっぱり気になるのが恋愛や結婚のこと。

30代だし、奥さんがいてお子さんが・・・となってもおかしくないですよね。


しかし、調べてみたところ、結婚も熱愛の情報もありませんでした。

意外でした。


しかし、昔スロバキア人の彼女がいたということは公表しています。

CA(キャビンアテンダント)だったなんていう噂もありますが、本当にそうだったかは明らかにされていませんね。


確かに高校を出てからずっとスロバキア生活なので、日本よりスロバキアの女性と出会う方が自然ですよね。

カヌーに対する知名度もあり、オリンピックメダリストとなれば、スロバキアの女性からモテモテに違いないと思います。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みんな有名人 Dakujem za skvely zazitok!

羽根田 卓也さん(@takuya_haneda)がシェアした投稿 –


これはスロバキアのテレビ番組出演時のものですが、スロバキア美女とお似合いですね~。

実際、過去に現地の女性と付き合っていたので、国際結婚になる可能性も高そうですね。

カヌー羽根田卓也(ハネタク)は下ネタ王子?

イケメンアスリートの羽根田卓也選手ですが、実は下ネタ好きなんて情報もあります。

これは噂ではなく事実のよう。何でも下ネタを”コミュニケーションツール”として使っていたとか。


インタビューで「外人と仲良くするにはどうしたらいいか?」という質問を受け

「とりあえず下ネタから入る」

と堂々と語っています(笑)


高校卒業後、すぐに単身でスロバキアに渡っているので、現地の人とコミュニケーションを取るのは本当に苦労したと思います。

まず、言語の壁がありますからね。


そんな時に仲間と打ち解けるための武器として覚えたのが、スロバキア語の下ネタ。

言葉や文化は違っても、下ネタは万国共通なのかもしれませんね。


慣れない土地で少しでも早く現地に溶け込むための工夫だったんだな~と感心してたら、実は高校時代から下ネタ好きだったそう(笑)

得意分野を世界でも活かしたということですね。


オープンすぎる性格も人気アップにつなげてしまう羽根田卓也選手。

イケメンだと何でも武器にできちゃうんです。

スポンサーリンク

カヌー羽根田卓也(ハネタク)のプロフィールをチェック

羽根田卓也選手のプロフィールもチェックしておきましょう!

引用元:http://urx.red/XQjT

  • 名前:羽根田卓也(はねだたくや)
  • 生年月日:1987年7月17日 32歳 ※2019年5月時点
  • 出身地:愛知県
  • 身長:175cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:O型
  • 所属:ミキハウス
  • 好きなもの:お笑い(柳沢慎吾さんが大好き)

羽根田卓也選手がカヌーを始めたのは9歳の時。

三人兄弟の次男である羽根田卓也選手ですが、父親の羽根田邦彦さんは元カヌー選手、長男の羽根田翔太郎さんもカヌー選手と、カヌー一家でした。


父や兄の影響で幼い頃からカヌーを始めたものの、何とカヌーが嫌いだったそう。

父親の羽根田邦彦さんは、苦労しながらも頑張ってカヌーを続けさせたそうです。


中学は地元の豊田市立朝日丘中学校に進学し、高校も豊田市内の杜若高等学校に進学しました。

杜若高等学校はカヌー部があり大会にも出場していますね。


しかし、高校時代に海外遠征で世界とのレベルの違いを痛感し、父親に五輪のメダルの約束とともに留学をお願いしました。

高校まで地元で過ごしていたので、高校卒業後にいきなりスロバキア生活というのは本当に一大決心ですし、苦労されたと思います。


スロバキアにいる間、父親の羽根田邦彦さんは、仕送りなどサポートを続けたそうで、遠く離れた地で生活しながら五輪のメダル目指して親子で頑張ってきたんですね。


リオ五輪で父親との約束は叶いましたが、そこで終わらず、次は金メダル目指してさらに飛躍していってほしいですね!

カヌー羽根田卓也(ハネタク)の結婚や彼女は?筋肉までイケメン!まとめ

リオ五輪での銅メダル獲得後、カヌー競技とともに一気に知名度が上がった羽根田卓也選手。

2018年にはアジア大会で金メダル獲得とさらに実力アップしています!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

たくさんの応援ありがとうございました! #アジア大会2018 #asiangames2018

羽根田 卓也さん(@takuya_haneda)がシェアした投稿 –


2020年の東京五輪、本当に楽しみですね!
ハネタクフィーバーに期待したいと思います!

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする