室井佑月のひるおび降板の噂とは?乳がん告白に糖尿病との闘病も調査

スポンサーリンク

  引用元:https://snjpn.net/archives/132166

室井佑月さんが乳がんを告白し話題に!過去にひるおび降板の噂があったって本当?その理由とは?糖尿病やうつ病との闘い、豊胸や整形などのぶっちゃけ発言も!室井佑月さんのひるおび降板の噂の真相や乳がん告白、糖尿病やうつ病との闘病、豊胸・整形公表について徹底調査!

スポンサーリンク

室井佑月のひるおび降板の噂とは?

TBS系列お昼の情報番組「ひるおび」でコメンテーターをつとめている室井佑月さん。


現在も木曜レギュラーとなっていますが、過去には降板の噂もあったそうです。

実際、ネット上に「ひるおび降板」という情報が多いようですが、今も番組ホームページに木曜レギュラーとして名前があるので、降板はしていないことになりますが、なぜそのような噂が出ているのでしょうか?

考えられる理由について、見ていきたいと思います。

理由1 テレビ的に扱いづらい?

室井佑月さんといえば、忖度なしのストレートなコメントが人気な反面、その過激すぎる発言がテレビ的に扱いづらいと思われることも多いようです。

ひるおびでも番組スタッフが真っ青になるようなコメントをすることも多々あるので、降板させられるのでは?という憶測が広まったのかもしれませんね。


政治問題にもバンバン切り込んでいくのは視聴者としては爽快ですが、メディア的には不都合だと思われてしまうのかもしれません。

理由2 共演者との相性が悪い?

室井佑月さんといえば、共演者と衝突することもしばしば。

以前共演していた八代弁護士とはこんな一幕も。

室井「野党が求めてる国政調査権はどういうものなんですか?」

八代「ちょっと、先に進まないと、いい?検察の話をしてるのに国政調査権の話をして、自分の興味だけで話をしてもしょうがないでしょ」

室井「すいません」

引用元:http://u0u1.net/ZWqA


怒られちゃってますね・・・。

室井佑月さんの発言が進行の妨げになると共演者に窘められる場面もあったりと、周囲と意見が合わない事も多いようです。

しかし、情報番組なので皆そろって同じ意見を述べるより、共演者同士バチバチ討論して色んな角度の意見を出してくれる方が番組としては面白いような気がします。

司会者は大変かもしれませんが・・・。

こういった共演者との衝突も降板を気にする声につながったのかもしれません。

理由3 政治知識の無さにバッシングも

情報番組なので政治の話題も出ますが、室井佑月さんの政治知識の無さを指摘する声もあったといいます。

番組で臨時国会直前の様子を中継した際、内閣総務官が天皇陛下に署名いただいた、紫のふくさに包まれた解散詔書を運ぶシーンがありました。


その時、このシーンをスタジオで見ていた室井佑月さんの

「なんで、あんなことするの~?」

という発言が漏れ聞こえてしまったのです。


この発言を聞いた視聴者からは

国会解散のプロセスを知らずに、政治を語っていたのか?

と批判の声が出ました。

政治については、一般人でも知らないことが多くありますが、せめてテレビで政治についてコメントする立場であるなら、ある程度の知識は持っていてほしいと思うもの。

政治へのコメントについて、疑問に感じる人が多く、降板させた方がいいという声が大きかったのも降板が囁かれる理由の一つだったのかもしれません。

理由4 病気のため?

先日乳がんであることを公表した室井佑月さんですが、過去にも様々な病気と闘病されています。

病気が公になると、降板するのでは?という噂が出ますが、7月11日のひるおびでも元気な姿を見せています。

乳がん手術のため、8月8日のひるおびは欠席するそうですが、今後については特に言及されていませんので、体調と相談しながらまた出演されるのではと思います。


歯に衣着せぬ物言いが良くも悪くも注目され、コメンテーターとして賛否両論ある室井佑月さんなので、降板の噂が度々出るのも仕方ないのかもしれませんね。

賛否両論あれど、まずは体調第一。

無事手術が成功することをお祈りしたいですね。

室井佑月 糖尿病との闘い

室井佑月さんは、2005年にすい臓の腫瘍を取り除いていますが、その時にすい臓の半分以上と脾臓を摘出しています。

臓器を摘出したことで糖尿病になるリスクが増加しましたが、特に気にすることなく普通の食生活を送っていたそうです。

ただ、旅行先で思いっきり食べたとき、友人は太ったと言っているのに自分は太るどころか痩せていく体に異変を感じたんだそう。

すぐに病院に行ったところ糖尿病が発覚したといいます。

インスリン注射を打つなど糖尿病との戦いが始まりました。


臓器を摘出したことで糖尿病のリスクが増すと知りながら、深夜にラーメンを食べたりしていたそうなので、やはり室井佑月さん、なかなか豪快な方ですよね。

糖尿病が明らかとなったときも、番組降板の噂がありましたが、降板せず活躍されていらっしゃいます。

とくダネ!の小倉智昭さんも、糖尿病と闘いながら毎日番組をされているので、糖尿病だから降板というのは当てはまらないと思います。


糖尿病は休めば直るというものではありませんし、日常生活の一部として自分の体調を管理していかなければなりません。

室井佑月さんも、毎日インスリン注射や飲み薬、3か月に1度の血液検査を行っているといいます。

闘病しながらも元気に仕事を続ける姿を見て、勇気づけられる人がたくさんいると思います。

ぜひこれからも元気に活躍してほしいですね。

スポンサーリンク

室井佑月が乳がんを告白!ステージは?

7月12日に室井佑月さんが乳がんを公表し話題になっています。


糖尿病とも闘いながら、さらに乳がんというのは何とも心が痛いです。

「(乳がんになるの)あたしじゃなくても良かろう?」

引用元:http://u0u1.net/va2w

とご本人も言っています。


7月8日に医師から乳がんを宣告され、翌月8月に摘出手術をすると報じられています。

乳がんを宣告されてから3日後の11日にはひるおびに出演し、いつも通り笑顔でコメントしていた室井佑月さん。

その心中は複雑だったはずです。


精密検査の結果により、乳がんのステージは1で、リンパ節への転移はなかったといいます。

初期段階で見つかったのは不幸中の幸いですね。

乳がんのステージ1〜2の場合、5年生存率が90%以上と言われているので、早期に治療を行うことが何よりも重要ですね。

入院は1週間を予定しているそうですが、

「個室が高いし、食事がおいしくないから5日で退院する」

引用元:http://u0u1.net/va2w

と室井さんらしい発言をされています。


ご自身が乳がんである事をしっかり受け止め、向き合っている感じが伝わってきますし、生きている事に感謝しているとも話していてカッコイイなと思いました。

私自身、知人の方から、その方の母親が乳がんになった時の話を伺ったことがありますが、片側の乳房を全摘出となったときの何とも寂しい顔を今でも鮮明に覚えていると仰っていました。


また、ラジオ番組で共演する大竹まことさんから

「(新聞に載ってたけど)室井が乳がんだって?」

引用元:http://u0u1.net/VMZL

と話題を振られたときも、

「そうなんだよ!腹立つ~」

引用元:http://u0u1.net/VMZL

と明るく答え、スタジオが笑いに包まれたそうです。


がんになったことを前向きにとらえ、いつもの室井さんらしい、端切れのいい明るい発言を聞いて、何だかホッとしました。

手術を受けて、また元気な室井節を聞かせてほしいと思います!

室井佑月は豊胸で乳がん検査できず?

若い頃に豊胸手術をしたという室井佑月さん。

何とこれが原因で、乳がん検査の一つであるマンモグラフィー検査を受けられなかったということをご本人が話していました。

乳がん検査の主流ともいえるマンモグラフィー検査ですが、室井佑月さんの場合、豊胸で食塩水を入れているため、検査を受けられなかったそうです。


糖尿病のため3ヶ月に一度は血液検査を受けているものの、乳がん検査はしておらず、気付いたきっかけは、違和感を感じ手で触ったところ、しこりを発見したといいます。

豊胸手術は食塩水を乳房の中に入れて胸を大きくするものですが、マンモグラフィー検査は乳房を圧迫するので食塩水のパックが破裂する危険があるんです。

マンモグラフィー検査を受けようにも、食塩水パックが破裂したら豊胸した意味がなくなってしまいますね。

豊胸する際は、リスクについてきちんと把握した上で手術を受けないといけませんね。

室井佑月さんは若気の至りで豊胸をしたと話していましたが、乳がんを早期発見できたのは幸いだったと思います。

乳がんとともに豊胸まで公表し、そちらに衝撃を受ける人も多いようですが、ハッキリ言っちゃう室井佑月さん、やはり男前すぎ(笑)

豊胸しようと思ったときに、特に若い内はリスクについての考えが甘くなってしまいがちですが、影響力のある方が公表してくれることで、多くの人が考えるきっかけになったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

室井佑月の顔がボコボコなのは病気のせい?

以前、室井佑月さんの顔がボコボコになっていた時期があったそうですが、その原因が病気だったのでは?ともいわれていますね。


しかし、これは病気ではなくプチ整形のやり過ぎだと本人がカミングアウトしています。

不自然に波打っているように見えますね。

顔にヒアルロン酸やボトックス注射をしていると話しているので、これが原因なんだと思います。


顔を維持するためのプチ整形ですが、ヒアルロン酸やボトックスの効果も未来永劫のものではありません。

やり過ぎで逆に変になってしまうことや、劣化により不自然な感じになってしまうことも珍しい事ではありません。

キープするために定期的なメンテナンスが必要になるので、かなりの覚悟を持って行わないと後悔しそうですよね。


それにしても、室井佑月さん、豊胸だけでなくプチ整形まで堂々と公表してしまうところ、隠す気ゼロですね(笑)

コメンテーターとしてネット上で叩かれることも多いですが、その男気に惚れている人も多いようです。

姐さん、次は一体どんなカミングアウトをするのでしょうか?

室井佑月 うつ病を患った過去も

何でもカミングアウトしがちな室井佑月さんですが、うつ病であったことも公表されています。

うつ病の原因は人によって様々ですが、室井佑月さんの場合、性格的にやりたい事を全てやってから寝ないと気が済まなかったようで、無理な徹夜が重なって精神的に不安定になってしまったそう。

完璧主義を優先させるあまり、体の悲鳴に気づけなかったのだと思います。

知らないうちに病状が悪化するのも、うつ病の怖いところですね。


うつ病は症状も個人差がありますし、外から見ても気付かない事が多い病気です。

普段とても明るく振る舞っている人でも、実はうつ病だったというケースもあります。

真面目で責任感が強い人、完璧主義な人は特にうつ病になりやすいとも言われているので、自分の体調に耳を傾け、ストレス解消を上手にできるかが病気を予防の鍵ですね。


室井佑月さんは、あれもこれもやりたい、やらなきゃ!という思いで、どんどん自分を追い込んでしまっていたんでしょうね。

スポンサーリンク

室井佑月のプロフィールをチェック

室井佑月さんのプロフィールもチェックしておきましょう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#室井佑月 #タメ #昔から大好き💖💖💖 #ショートヘアが似合う😉👍🏻

川崎 昌明(ジェジュン)さん(@masakun4519)がシェアした投稿 –

  • 名前:室井 佑月(むろい ゆずき)
  • 生年月日:1970年2月27日 49歳 ※2019年7月時点
  • 出身地:青森県八戸市
  • 血液型:B型
  • 特技:スキューバーダイビング・料理
  • 趣味:子育て・酒・手芸


作家やコメンテーターなどマルチに活躍している室井佑月さんは、小説新潮の読者公募で入選したことで本格的に執筆活動を開始しています。

過去にはモデルやレースクイーンの仕事もしていて、幅広い視野と感性は、いろいろな仕事を経験する中で培ってきたんだと思います。

庶民的な立場で物怖じしないコメントは、多くの共感を呼ぶ一方で、過激すぎるとして物議を呼ぶことも多い方ですね。


賛否両論あるところが、室井佑月さんの魅力なのではないでしょうか。

室井佑月のひるおび降板の噂とは?乳がん告白に糖尿病との闘病も調査まとめ


引用元:https://snjpn.net/archives/132166


豪快さもありながら、繊細な一面もある室井佑月さん。

大きな病気を経験しながらも、前向きに闘う姿は印象的ですね。

今回の乳がん公表も明るく話してはいましたが、どこか気丈に振る舞っている感じも伝わってきました。

乳がんを克服して、また室井佑月さんらしい発言をしてほしいと思いますし、応援しながら見守っていきたいと思います。


乳がん闘病といえば、中京テレビ恩田アナも
ドキュメンタリーが放送され話題になりました!


>>恩田アナの乳がんのステージや病院はどこ?



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事と広告
関連記事と広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする